家庭教師のオアシス

ハンバーガーメニュー
オンライン無料面談 無料体験申し込み
LINE FACEBOOK
オンライン無料面談 無料体験申し込み 教室見学 お問い合せ

Instructorー 講師紹介 ー

  • ブログ 講師紹介

    北原先生(先生の紹介)

    新しい先生の紹介です。 北原先生 講師No.695福井大学医学部医学科の学生講師 指導科目中学全教科、高校は数学、英語、国語(古典)、物理、化学、地理 センター総合88% 数学IA 94 数学IIB 96 物理 100 化学 85 英語 180 コメント 浪人した経験から、集中力・モチベーションをキープするコツを伝

  • ブログ 講師紹介

    みさき先生(先生の紹介)

    新しい先生の紹介です。 みさき先生 講師No.691福井大学医学部医学科の学生講師 指導科目小中全科目、中学受験対策、高校は数学,英語,国語,物理,化学,地理 コメント 人に何かを教えるのが好きで、また自分の培ってきた経験で中高生のみなさんの学習のお手伝いができたらと思い申し込ませていただきました。 現役で医学科に

  • ブログ 講師紹介

    石田先生(先生の紹介)

    新しい先生の紹介です。 石田先生 講師No.687福井大学医学部医学科の学生講師 指導科目高校 数学,英語,国語,物理,化学,地理 コメント センター得点率90.0% 現役で医学部合格。 ▼勉強のコツは?数学 受験生のとき、冠模試(○○大学模試)でになかなか数学が解けずに伸び悩んでいました。 しかし、予備校の先生から

  • ブログ 講師紹介

    太子堂先生(先生の紹介)

    新しい先生の紹介です。 太子堂先生 講師No.685京都大学文学部卒、あわら市在住 指導科目小中学全教科、高校は世界史, 日本史, 地理 コメント 藤島高校中退→大検→京都大学と、当時としては、めずらしい道をたどりました。 受験のための勉強は、誰もが山の頂にたどり着くための方法があります。けれども、多くの人はその道を

  • ブログ 講師紹介

    廣田俊平先生(先生の紹介)

    新しい先生の紹介です。 廣田先生 講師No.681福井大学医学部医学科の学生講師。京都出身。個別指導塾講師 指導科目 小中全教科、高校は数学・英語・物理・化学・地理 センター数学IA 100、数学IIB 98、英語185/200、物理100、化学86 大学ではバスケ部所属 どうやって伸びまし

  • ブログ 講師紹介

    片桐はるな先生(先生の紹介)

    新しい先生の紹介です。 片桐先生 講師No.680福井大学医学部医学科の学生講師。 指導科目 小学生、中学全教科、高校は数学・英語・国語・生物・化学・地理 センター総合801 英語197/200, 生物97, 数IIB98, 地理86 個別指導の塾講師も務めています。 マンツーマンで総合的に生徒のサポートをしたいと思

  • ブログ

    福村先生(先生の紹介)

    福村先生(教師No.651) 福井大学医学部医学科の学生講師宮津高校出身(京都府) 指導教科:小学全教科・中学全教科・国語・数学・英語・化学・生物・地理 ・不得意分野の勉強法 理系だったんですが、数学が苦手だったので何度も問題集を繰り返しました。一番時間を使った教科だと思います。また、わからないところは後に残らないように、すぐに先生や友だちに聞くようにして

  • ブログ

    畠山先生(先生の紹介)

    畠山先生(教師No.639) 福井大学医学部医学科の学生講師横浜翠嵐高校出身(神奈川県) 指導教科:中学全教科・国語・数学・英語・化学・生物・地理 予備校で個別指導講師の経験もあります。 ・おすすめの勉強法は? どの科目にも言えることですが、ただ与えられた課題をこなすだけではなく、今習っていることは何なのか、どう活かされるのか、を意識することで全然違ってく

  • ブログ

    松田先生(先生の紹介)

    松田先生(教師No.635) 福井大学医学部医学科の学生講師六甲学院中学・高校出身(兵庫県) 指導教科:小学全教科・中学受験対策・中学全教科・数学・英語・物理・化学・地理 センター試験総合88%(英語192/200 物理95) 塾講師経験あり。大学では硬式テニス部所属。 ◆おすすめの勉強法は? 高校2年のときから大学受験を意識していましたが、各教科、間を

  • ブログ

    前田先生(先生の紹介)

    前田先生(教師No.619) 福井大学医学部医学科の学生講師堀川高校出身(京都府) 指導教科:中学全教科・国語・数学・英語・物理・化学・生物基礎 センター90% 大学では水泳部所属。 ・苦手教科の勉強法は? もともと英語は苦手な方でした。今考えると、目で読むことと手で書くことにかたよっていたと思います。それをシャドーイング(聞いた英文を少し遅れて話す学習法

PAGE TOP