ブログ

2017.03.17

入学前の過ごし方

FROM 笠井伸春

o1010067113891267136

あるお母様からのお手紙いただきました。


笠井 様

こんにちは。

昨日、○○先生による指導が終了しました。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

今回の第一の目標は、志望校に合格すること。

こちらに関しては、手厚い励ましと指導によりクリアできました。

しかし、笠井さんのブログにもありますように、合格がゴールではありません。

スタートラインに立つ資格を得ただけ。
将来の夢に向かって、今からが本当の勝負の始まりです。

日々の勉強の仕方、取り組み方。

約2ケ月間で少しはコツが身についたかもしれませんが、
高校での勉学はまた一段と難しいと聞きますので、
正直、不安が全てなくなったわけではありません。
今、この段階で○○先生との指導契約を終結してよかったのだろうか…とも思います。

この先、壁にぶつかった時、ぶつかる前に、
また笠井さんにご相談させていただくかもしれないですが、よろしいでしょうか?
その際は、ぜひよろしくお願いします。


 

お母様の言われるとおり、
中1のスタートが大事だったように、
高1のスタートも大事な時期。

お子さんはいかがでしょう?
受験が終わって
ほとんどやらなくなっていないでしょうか?

まあ、ペースは落としていいと思いますが、
英語などまったく見ない期間があると
忘れていってしまいます。

高校からの春休みの宿題があれば
その課題を通してしっかり復習しておくこと。

 

ある生徒が学校からの春休みの宿題を
終わらせることを目的としたように
適当な感じで進めていました・・・

ここは、教科書広げて
調べながらやりましょう。

「ああ、そうだった」
と覚え直したり、

「これってそういう意味だったか」
と理解を広げるチャンス。

特に苦手だと感じる分野があるなら
今のうちに復習しておくことですね。

 

私立特進だと復習と予習の宿題をもらっているでしょう。
特に進学校だと
1年の時に苦手教科ができてしまうと、
後々たいへんになります。

今は学校の課題を通して、
しっかりと復習することが
高校での良いスタートにつながりますよ。

高校でどう過ごしたいのか?
3年後どうなっていたいのか?

休みだからこそ、
勉強と遊びの時間割、
自分で決めて過ごしましょう。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る