ブログ

2017.03.13

地域のために

FROM 笠井伸春

o0529036813885809121

(食べログより)

オレンジボックス(株式会社大津屋さん)の
社長さんとお話しさせていただく機会がありました。

1時間のざっくばらんな話の中で、
なるほど〜と思うことがあったので
シェアしたいと思います。

コンビニ業界だけで見ると、
日本全国どこにいっても、
大手のコンビニだらけ。
どこにいっても同じ看板、という状態。

そんな中、
福井県人にとってオレボといえば、
コンビニであり、スーパーであり、食堂でもある。

地元コンビニで今続いているのは
日本でオレボだけだそうです。

 

長期的に、地域全体の成長を

会社組織の目的は利益の追求。
利益を出さないと存続できません。

ところが、社長の目的は
地域の長期的な成長であり
日本人の心を残したい、
ということ。

言葉だけの社長は多いですが、
福井豪雨のときや
ハピリンのスケート場などなど、
実際にいままでいろんなことを実践されています。

お話ししていて本気で言っている、と感じました。

見ているところが違いますね、、、

 

僕にはそこまで大きなことは考えられないんですが、
学習指導を通して1ミリでもよくしていければ、と。

以上、最近刺激を受けたお話でした。

いつも決まったメンバーと
いつも同じような話をしていても
なかなか成長できないですからね。

あなたの周りには頑張っている人や
刺激を与えてくれる人はいますか?

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

追伸

知らなかったんですが、社長は電子書籍を出版しています。
週末読むことにしました。
興味のある方はどうぞ。

51uf9bFNk1L._SL250_

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る