ブログ

2017.02.27

大学でやっておくこと

FROM 笠井伸春

o1287129013874663062
受験生には健康管理に気をつけろ
といっておきながら、
自分が軽く風邪ひきました・・・

1日休んで少しよくなってきたところです。

布団で休みながら
武田邦彦さんのポッドキャストを聞いていると、
おもしろい話がありました。

シェアしたい思います。

武田邦彦さんが名古屋大学にいるとき、
大学生1年生によく言っていたこととのこと。

 


この中で
1番優秀な人は自分で起業すべき

起業するために必要なことは、
専門分野にたけていることだから学力を身につけろ。
世の中のことを知ること。
協力してくれる人脈をつくれ。

この大学時代に準備すればいい。

 

2番目に優秀な人は中小企業に入ること

大企業より自由度が高い。
自分の思ったことができる。

そのために、
思ったことをやる実力を持つこと。

ただ、人間関係がまずくなると
中小企業の場合、去らなければならない。

そこで上を目指すこともできる。

 

3番目の人は大企業に行け

組織の歯車になればやっていけるだろう。

それでも収益は上げないといけないから
大学で実力はつけていくべき。

 

何も能力のない人は官庁がいいだろう

入るときに試験があるだけ。
入ったら収益は関係ない。
あとはぬくぬくとやっていける。

私の友人でも
「自分は働きたくないから官庁に行く」
といっていた者もいる。(笑)

 


 

名古屋大学ですから
エリートに向けたメッセージですが、
おもしろいと思いませんか?

ポッドキャストというのは、
iPhoneできけるネットラジオです。

本は月に2,3冊は読みますが、
耳勉は移動中にできたりします。

iPhoneの方は、一度聞いてみては?

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

追伸
お互い体調管理には気をつけていきましょう。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る