ブログ

2014.11.17

受験勉強、きつい?

笠井伸春

笠井です。

中学3年生は学力診断テスト、高校3年生はマーク模試、終わりましたね。

ここからの2ヶ月の過ごし方で、大きく変動する人が毎年います。

「少しだけゆるめたい」とか

「この教科はもういくらやっても伸びないんじゃないか?」とか

心のどこかにありませんか。

でも、いまキツイのはみんなが同じ。

学力診断テストの結果がよかったらかといってここで楽をするとかなり下がることに・・・

逆に、今の結果が悪くても

勉強量を増やせば中学生なら50〜80点くらい(センターならもっと)は普通に動く数字です。

今キツくても、流されず前向きにやりきったとき、

「あの期間、頑張ってよかったな」

「あの頑張りで成長できた」という時が必ず来ます。

1日1日やりきりましょう。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る