ブログ

2017.01.30

先生から「このままでは高校に入れない」と言われた

FROM 笠井伸春

o1414104813852672381

                                                 (オアシス丸山教室より)

「このままでは高校に入れません」

先日、中学1年生のお母様からの相談がありました。
個人情報は出さないようにして紹介したいと思います。

 

「前回の定期テスト、さんざんな成績でした。
春、夏のころよりもさらにひどいです。

担任の先生からは
このままでは高校には入れない、
と言われました。

親子関係は良くて
なんでも話すし、
友達とも休日はよく出かけたりします。

ただ、勉強の話になると
暗い顔になります。
前よりも元気がなくなってきたようです。

何かしなくてはと
福井の塾や家庭教師を調べたり、
資料を集めているところです。

どうしたらよいと思われますか?」

 

やる気がないわけではないのに、
成績表を見せられ、
「ああ、自分はできないんだ」
と感じさせられる。

本人はつらいですね。

 

で、どうしたらよいかですが、
お子さんの場合、
集団で受ける形式の塾はおすすめできません。

学校の授業形式では
その場にいるだけで
やっていることについていけず、

ますます嫌になってしまうでしょう。

おそらくは、
勉強のやり方がわかっていないことが原因。

1対2以上の個別指導では
「質問ある?」と聞いてくれるかもしれないですが、
うまく質問できないでしょう。

自分が何がわからないのかが
わからない状態なので。

なので、
1対1の担任制の塾か
家庭教師を試してみるといいですね。

 

体験授業でチェックすべきポイントは、
自主学習のやり方を教えてくれるかどうか。

勉強のやり方がまだわかっていない子に
普段どうやってるかやってみてと言うと・・・

たとえば、中学1年生くらいだと
ひたすらノートに
「with with with with ・・・・・」
と書いたりします。

で、読み方は?と聞くと
「ウィッチ?」

意味は?と聞くと
「?」
など、、、

そういうときは、
発音と意味もセットで覚えて
「覚えた」ことになるんだよ、
のように。

他の教科も同じで、
そういう基本的なやり方から
できるようになるサポートが必要です。

 

一度に複数の生徒をみている
学校の先生や塾の先生には
そこまで細やかにみるのは難しいこと。

この場合、
やり方まで見てくれる
マンツーマンの学習サポートが効果的ですね。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る