ブログ

2017.01.25

受験生 友人からイヤミを言われます・・・対処法

FROM 笠井伸春

o1256089413851844744

ある受験生のお母様からの差し入れ。
ありがとうございます。

先週は推薦高校の合格発表があったので、
何人かから合格の知らせも届いているところです。

 

坂井高校 生活デザインコース、
福井高校 衛生看護科、
北陸高校 進学コース、他。

合格おめでとうございます。
ある受験生のお母様からの差し入れ。
ありがとうございます。

 

さて、受験生と言えば、
ある高校生が友達から嫌みを言われているそうで・・・

「そんなに大学受験って大事か?」
「つきあい悪すぎ」
と。

悩んでいるようですが、
そこで足を止めては絶対にダメ。

 

もしかしたら、その友人に悪気はないのかもしれない。
でも、目標に向かって走っている人を止めようとするひとは
ドリームキラー。
夢を奪おうとする人です。

ドリームキラーは、
変わろうとする人の前に現れるもの。

ちなみに社会人になってもよく出現します(笑)

たとえば、
サラリーマンから独立しようとしたりとか、
新しい何かに挑戦しようとしたり、
あなたが何か違うことをやろうとしたりすると・・・

「やめておけ。おまえには無理だ」
と言ってくる。

それはときに、
友人であったり、
身内であったり。

 

そういう言葉に惑わされると・・・

机に向かいながら過去問をひらきつつも、
「ああ、受からなかったらどうしよう」
と思ってばかりで手が動いていない。

ある先生が言ってたこと。
過去は変えられないし、
未来はまだ来ていない出来事。

自分の未来が変わるとすれば
今の行動だけ。

 

ああでもない、こうでもない、
と考えても仕方ないことは
スパッと頭から切り離して、
勉強してください。

気持ちを切り替えて集中できるのも大事なスキル。
練習していきましょう。
今はやるしかないですよ。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る