ブログ

2017.01.19

入試直前にやってはいけないこと、やるべきこと

FROM 笠井伸春

o3264244813847670258

多くの受験生にとっていよいよ本番。
毎年この時期に伝えていることを伝えたいと思います。

 

新しい問題集には手をつけない

もう新しい問題集には手をつけないほうがいいでしょう。
消化不良の中途半端な状態で入試をむかえてしまう危険があるからです。

自分の自信につなげるためにも
効率的に知識を身につけるためにも
今までやってきた問題集や参考書を繰り返しましょう。

あせって特別なことをするんじゃなくて、
これまで通りのルーティンを今日もやるだけです。

ただ、作文や小論文がある時は、
最近のニュースをチェックして
自分の意見を書けるようにしておきたいですね。

あと、過去問や問題集の国語作文や英作文は
必ず、先生や塾・家庭教師にチェックしてもらってください。
作文は助言を受けることでうまくなっていきます。

 

過去問は目的を持ってやる

過去問をやる目的はなんでしょう?
合格点を取れているか確認するのが一番の目的ではありません。

時間配分や出題形式に慣れることと
自分がどんな分野が苦手か知ることです。

今の時期でも実践問題をしていると
苦手な単元は出てくるものです。

そこで落ち込むんじゃなくて
その周辺の問題を参考書・問題集で復習していけばいい。

今日はこの範囲が完全にできるようになった、
と弱点をつぶしていくことです。

 

1日のリズムを入試の時間に合わせる

生活のリズムが夜型になってしまっていませんか?

もし、朝、ぼーっとしがちなら、
今のうちに早めに起きるリズムに切り替えておきましょう。

だいたい頭がしっかり働くまでは3時間くらいかかります。
試験開始時刻の3時間前には起きるようにしておくといいと言われています。

習慣になるまで2週間くらいかかるので、
2週間前からは入試の日と同じ生活リズムにしておくといいといいですね。

もちろん、風邪をひかないように体調管理も。
栄養バランス、うがい、手洗いなど。

 

当日の準備は入念に

筆記用具はそろっているか、
持ち込みが禁止されている物がないか、
チェックしておきましょう。

当日の交通機関のチェック、シミュレーションも。

あと、よくやりがちなのが、前日早く寝すぎること。
早く寝すぎると、夜中に起きてしまって
朝まで十分に睡眠をとれないことがあります。
いつもと同じ時間に寝ること。

 

最後までゆるめない

これ不思議なんですが、、、
直前になってくると学習量が減ってしまう人がよくいます。

「体調管理を第一にして、あたふたせずに余裕を持って」
みたいな話を楽な方にとらえてしまう、
ということがあるのかも。

でも、
1年前に覚えたことと
1週間前に覚えたこと

どちらが本番でアウトプットしやすいでしょう?
残り1カ月もあれば、まだひと伸び、ふた伸びしますよ。

後悔のないように
最後までやりきりましょう。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る