ブログ

2016.11.08

スマホに翻弄されるな

FROM 笠井伸春

o1416094513788462036

「以前よりは集中して勉強するようになりましたが、
まだ携帯電話に翻弄(ほんろう)されている」

(ある高校生のお母様より)

いろんなアプリや
LINEなどの通知サウンドをオンにしていると・・・

しょっちゅう鳴る、
スマホの通知音やバイブ

それにいちいち反応する

目の前のことへの集中が途切れる

 

生活を便利にするツールのはずが、
自分の大切な時間をコントロールされてしまう・・・

LINEなどのメッセージに
すぐに反応した方がいい、と信じている人がいますが、
僕は反対ですね。

自分の成長の時間を大切にしたいなら。

でも、この問題は大人でも、
あるあるですね。

LINEやFacebookがある前からの問題でもあります。

 

あなたの周りに
「いついかなる場合も
電話にでなければならなない」
と信じている人、いませんか?

LINEはすぐに返事をしないとダメだ、
と思い込んでいる人も同じ。

仕事中はもちろん、
人と大事な話をしているとき
勉強しているときなど

自分の成長の時間には
それを邪魔するアラートはオフにしておくべきです。

 

以前、残念なことがありました・・・

ある方と、
これからの仕事の内容を決める対話の途中、
相手の携帯が鳴りました。

お互い、何日も前から約束して
つくっていた時間に、です。

携帯を切っていないということは、
よほど重要な電話なのかな、と思い、
「どうぞ(出てください)」と言いました。

知り合いから何かの質問の電話を受けたようで
それに答えていた様子。

・・・

10分待たされました。
それだけでなく、
後の予定があったので十分な話ができなくなりました。

!?
時間の使い方、おかしくないか?

あとで留守電を聞いてかけ直せば済む話だっと思います。

 

返事が1時間遅れたら大変なことになる、
そんな用事が急に発生することはまずないでしょ?
と思います。

一国の大統領や首相ならともかく、
一般人の僕らに
そんな風にいきなり危機をつげる連絡が来ることはまずありません。

自分の目標に近づくことを最優先にするなら、
勉強や仕事に集中するときは
関係のない音や光が目に入らないようにするべきです。

スマホは電源を切るか、
サイレントモードにしてカバンに入れて
勉強をはじめましょう。

LINEは決めておいた休憩の時間内にすればいい。
その方が、勉強も集中できるし、
友人とのやりとりにもしっかり対応できます。

それでは、
今日も実りある1日を。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る