ブログ

2016.09.30

48時間以内にアウトプットしろ

FROM 笠井伸春

勉強の最大のコツといえば、
なんといっても復習。

学んだことを
もう一度やってみることで
はじめて自分の力になります。

 

覚えるのが苦手
覚えていたのに忘れてしまう
同じ間違いをよくする

こういう場合
頭が悪いのではないですよ。

それは生徒のせいではなく、
タイミングよく復習していないせいです。

授業を聞いただけで
わかったつもりになり
復習をしていないと
数日後には多くのことを忘れてしまうように人間の脳はできています。

%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e7%9a%84効率的な勉強法【長期記憶方法】忘却曲線を利用する

つまり、
復習にはタイミングが重要なんですね。

塾・家庭教師をはじめたのに
伸びないという場合も

原因として考えられることの一つも
復習、学んだことのアウトプットのタイミングです。

 

48時間以内のアウトプット

塾・家庭教師も宿題があることが多いですが、
宿題には予習か復習の2種類の目的があります。

特に大事なのは復習の方。
ここで長期記憶にしておきたいところ。

 

ところが
「1週間後の塾・家庭教師の時間までに間に合えばいいかなぁ」
と、

1週間近くたってから
宿題に手をつける、
こういう調子だと・・・

多くのことを忘れているときなので
多くのことを一からやり直し、
ということになってしまう。

効率の悪いのは嫌ですよね。

同じ時間勉強してるのに
差が出るのは
これも原因の一つ。

48時間以内に復習する。
これだけで、ほとんどの生徒に効果があります。
ぜひ実践してみてください。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る