ブログ

2016.08.15

ポケモンGO禁止令が・・・(福井市の中学)

FROM 笠井伸春

o0400034913719744571
ある福井市内の中学校で、

3年生は
ポケモンGOが禁止されたようです。

「外でスマホゲームする時間があるなら
帰って勉強しろ」と。

まあ、
そりゃそうですよね・・・

今はたまたまポケモンGOが
流行っていますが、

(ただのゲームですから
報道しすぎのように思いますが)

 

他にも
人の時間を奪う誘惑は
いろいろありますよね。

どうでもいいテレビ番組
とりとめもなく見てしまうYouTube
終わりのないオンラインゲーム
・・・

それらが習慣になってしまうと
驚くほどの時間を奪われてしまいます。

 

息抜きなら短時間ですむものを

東大生でもゲームをする人は多いと聞きます。

でも、
勉強の時間を削ってまではしていません。

偏差値の高い人は
もともと頭がいい
と思いがちですが、

実は違います。

時間の使い方がうまいんです。
目標に近づくための行動を
いつも優先しています。

 

もし、
流されてしまっているな
と感じているなら

もう一度半年後の自分をイメージしてみてください。

今日1日、使った時間は
目標に近づくためのものでしたか?

勉強に使った時間を計ってみてください。

はかることは自分の状態を認識できるのでいいことです。

毎日体重をはかるだけ、
というダイエット法が
意外と効果があります。

でも、
体重が増えているときって
自分の体重を計っていないときなんですよね。

 

学習量=効率×時間

学校以外に
1日1時間効率良くやったとしても・・・

効率が悪くても
4時間やる人の方が伸びていきます

今からなら間に合います。
できることから
習慣を改善していきましょう。

 

笠井伸春

追伸
知人の70代の女性が
ポケモンGOをやられているんですが

「スマホを持って駅前に行くと 小学生たちから
『駅や〜にはモンスターが多いよ) など教えてもらってね・・・」 とうれしそうでした。

人によっては
そういうメリットもあるんですね。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る