ブログ

2016.07.05

学力と得点力、両方みがけ

FROM 笠井伸春

先週、ある異業種交流会がありました。

福井県内の経営者が事業内容を発表し討論しました。
o0800049513685678626

(その一人、社労士の初瀬川さん)

ミッションは
人と業績が同時に伸びる環境づくり。

人が成長しても、業績が上がらなかったら続かないだろうし、
業績が上がっても人が成長しなかったら意味がない、
ということですね。

 

学校の勉強でも、先に点数(業績)ばかり気にしていると
本当の学力が身につかないことがあります。

解法テクニックは
決められた時間内にいかに得点するか、というコツ。

もちろん必要なことですが、
本当の学力を身につけることには直結していません。

それに学力の足りないまま、
解法テクニックをを身につけようとしても
無理がありますよね。

 

逆に、学力がそこそこ高くても
得点力を鍛えていなかったら・・・

思うような点数はとれません。

考えすぎて時間配分を間違えたり、
出題形式にとまどうことになります。

 

まじめに学校の授業に取り組んでいるのに
いまいち得点できない子が

解法テクニックを身につけると
急に成績が上がることがあるのはそれです。

アウトプットの練習ばかりで
内容を考えようとしないと
なかなか伸びません。

学力と得点力
この両方を身につけることが大事。

お子さんはそのバランスがとれているでしょうか?

 

笠井伸春

追伸
ちょっと宣伝。
o0800045113685678445
僕の友人が本格的な焼肉も食べられるバーをやっています。
良心的な値段でおすすめです。
o0511016713685678442

プラス・アルファ  
住所: 〒910-0026 福井県福井市光陽2丁目18-14
電話:0776-76-2010
o0800048313685678443

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る