ブログ

2016.06.04

いまだに多い高額教材販売。教材より指導力

FROM 笠井伸春

o0800068513661167586
今日はちょっとグチになるかもしれません。

先日、同じようなお問い合わせを2件いただきました。

お一人目
「去年、家庭教師を申し込もうとした会社があって
面談してみると、教材販売がセットになっていて
5時間いすわられた・・・

教材販売はいらないのでその点確認したい」

 

お二人目
「家庭教師の〇〇〇の方の話を聞いたところ・・・

5万円の教材が必要で、プラス90分週1で月々3万円以上。
広告では安かったのに・・・

学校の内容をみてほしいだけなので、
家庭教師だけを希望しています。

買わないとけない教材はありませんよね?」

 

5時間居座るとか、あとで高額教材の話をするとか、
ひどい話ですね。

「うちは教材の販売ではなく、家庭教師なんですが・・・」
いったい何度、こう答えてきたでしょう(苦笑)

 

でも、この問い合わせが多い理由はわかります。

「家庭教師の〇〇〇」という名前で
純粋な家庭教師の会社だと思わせて

後になって教材の販売でメインの利益をとろうとする

このビジネスモデルが
全国的にまだまだ活発だからです。

教材費がかかるのは一般的なことだし、
法的には問題ないのかもしれないですが、
金額には適正価格というものがあります。

しかも後出しでっていうのは、どうなの?って思います。
嫌な思いをされてきたお家の方は多いでしょう。

だからうちは
「教材販売はありません」
とわざわざご案内しなければならなくなっています・・・

今の世の中、
まっとうな教材会社さんのおかげで
いいものが安く入手できるし、
これじゃないとダメってものもないですよ。

 

教材より教師の指導力

もちろん、教材選びは大事です。
目的に合っていないツールでは効果は少ないでしょう。

でもですね、
1対1のサポートを必要としているお子さんには、
指導力の方に価値があります。

だって、お子さんは
教科書という「教材」の内容の基礎の理解を必要としているんですよね?

それをまた「教材」でカバーしようというのはおかしな話です。

 

確かに、発展問題に取り組みたいなら
別の教材やプリントでの演習は必要です。

でも、平均点付近を目標にする場合、
学校の教科書と副教材のワークをしっかりやるのが最優先。

教材はすでにあるんだから
家庭教師の指導力を高めよう

というのが僕らの考え方です。

 

笠井伸春

追伸
もちろん、自習用や授業用にテキストが必要なお子さんには学力に合わせて用意しています。
(塾用のテキストは年間1教科1,500~2,000円)

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る