ブログ

2016.05.31

理数科目が苦手。5教科400点でも勉強がつらい・・・

FROM 笠井伸春

o0640064013657523479

家庭教師を検討しているお母様から相談を受けました。

「中学生の娘ですが
塾も家庭教師も経験はなく

真面目な性格で自分でがんばって勉強しています。

英語や社会など暗記科目は努力して覚えるので
中間・期末テストは5教科合計は400点あります。

でも、
数学と理科の計算問題になると
わからないところができてきて

この先が不安そう。つらそうにしています」

 

理数科目が苦手といっても
まじめに努力して8割とっているわけですから
よくがんばっているな、

そう思う一方で

「勉強がつらい」
というのは早く解決したいですね。

「やだなあ」というストレスが大きいと、
それだけで1日が楽しくないでしょうから。

 

理数科目が苦手でつらい

これは藤島高校・高志高校・武生高校など
進学校の高校生からの相談でもよくある話です。

聞けば、中学のときから数学は苦手だった、とのこと。

でも、毎年見ていることですが、
ほとんどの生徒は「つらい」という状況は解決できています。

 

偏差値70の大学生との会話

「私、高校2年生まで数学苦手で全然ダメでした」

「え?センター数学満点近くだったでしょ・・・?」

「はい。
基本的な問題は、学校や塾の先生に聞くことを繰り返して
問題を繰り返していくうちに
パターン化して覚えた感じですかね・・・

記述問題はいまだに苦手ですけど・・・」

 

人間ですから、文系寄り・理系寄りということはあるでしょう。

英語は数学みたいな「学問」ではなく、
「言葉」なので、誰でも量をこなせば
国語力までの力は身につきます。

でも、理数科目は理解して応用する力が必要。

苦手意識がある場合、自分1人で頑張っても難しいこともあります。

そんなときは人に頼ってほしいと思います。

 

いつでも分からないところを質問できる人を持つことは大きいですよ。

「なるほど、そういうことやったんや」
それを積みかせねていけば

「理数科目がつらい」
とは思わなくなるでしょう。

大丈夫。

一つ一つ着実に疑問を消していけば必ず得意教科になります。

冷静に前向きにやっていきましょう。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る