ブログ

2016.03.28

新高校1年生、これからの3年

FROM 笠井伸春

o0476038613596013369

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまでダメだったからといって、

それは今日これからすることとは無関係だ。

今日することが明日からの運命を形づくる。

by アンソニー・ロビンズ(米国メンタルコーチ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

先週お話ししたお母様との話。

この春から高校に進学する男の子なんですが、
第一志望ではなかった高校にいくとのこと。

「大学はなんとしても行きたいところに進みたい」と。

 

こういう子は強いですね。
悔しさも体験していて、目標がしっかりしていますから。

 

今まで何人も逆転していった子を見てきました。
がんばるんだったら、精一杯応援したいです。

 

一方で、これから気をつけたい子もいます。

藤島・高志に入って安心していませんか?

特に、暗記科目を頑張って合計点を上げたけど
理数科目が苦手なタイプのお子さん。

 

1年で習う、2次関数の利用や確率あたりで
ついていけなくなって、家庭教師を依頼する子も毎年います。

 

無理なく弱点を克服するためには
春から対策しておきましょう。

 

進学校なら、入学までの課題のテキストを渡されていると思います。

「やらないといけないから」じゃなくて
今まで習ったことの理解度をチェックしながら
丁寧に進めるといいですよ。

 

昨日までとこれからすることは無関係です。
この春からすることが大事ですね。

 

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る