ブログ

2015.10.15

成績優秀な人が実践している勉強の仕方

FROM: 笠井伸春

笠井伸春

毎日のように面接させてもらう時期もあります。今週はすでに4名の家庭教師の先生になりたいという希望者と面接しました。
今まで、面接したのは519名です。

若くても優秀な方が多くて、中にはセンター試験で総合得点9割という人も多いです。

それで、僕はそういう人にある決まった質問をしていてます。

「どうやって勉強してきたの?」と。

これには、共通した答えが返ってくるんですよ。知りたいですか?

それは・・・

「手広くやらず、1冊の問題集を何回もやりました」

どうでしょう。今は、いろんな学習ツールが出てきて、どんどん増えています。でも、成果の出るやり方というのは昔から変わってないですね。

残念ながら(?)学問に王道はないわけですが、進め方のコツ、暗記のコツ、理解の仕方のコツはあります。繰り返してやることは大事ですが、間違ったやり方でいくら繰り返しても成果は思うように出ないことも事実。

うちでは、そういう正しい勉強のコツを身につけられるように、やり方を伝える、自立に向かった教え方を重視してます。

笠井伸春

PS.
スクリーンショット 2015-10-15 17.02.28
今日の午前中は福井市のあるご家庭に訪問。いい天気でした。

PPS.
もし、家庭教師を検討されているなら、家庭教師を探せるサイト「ふくい家庭教師ナビ」がおすすめです。家庭教師のオアシスの先生の一部を詳しく紹介してます。
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)はこちら

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る