ブログ

2015.09.25

8月の確認テスト点数下がりませんでしたか?

FROM: 笠井伸春

笠井伸春

中学3年生のお子さんをお持ちのお母様、8月の確認テスト、40点くらい下がりませんでしたか?

福井県内の多くの中学校では、連休前に結果が返ってきたかと思います。

それで得点が下がって慌てている家の方が多いようなのですが、ここは冷静に見たほうがいい数字があります。

7月の確認テストの平均が300点くらいだった中学では8月の確認テストでは平均250〜260点だったところが多かったようです。
要は、問題が難しかったんですね。

つまり、中間層で40点くらい下がっただけなら、相対的な学力はあまり変わっていないことになります。
順位の方が点数より信頼できます。(もちろん母数が多いほど)

もっと言うと、対策した分野の問題ができているかどうかを詳しく答案から見る必要があります。対策しているのにできなかった問題が多かったとしたら、やり方を変えることが必要かもしれません。

対策していなかった問題ができていなかったら、それは当然の結果で一喜一憂することではないですね。次にそれを課題に取り組めばいいだけのことです。

今の時期は、部活も終わり、頑張る子が多くなるので、「やってる割に伸びない」と感じるかもしれません。
でも、正しく勉強すれば、確実に力になっているので冷静に優先順位を考えながら進めて欲しいと思います。

笠井伸春

PS.
逆にいくら点数が上がったとしても、問題自体が簡単なときは手放しで喜んでいる場合ではない、ということですね。偏差値がでないなら順位で見ましょう。

PPS.
もし、家庭教師を検討されているなら、家庭教師を探せるサイト「ふくい家庭教師ナビ」がおすすめです。家庭教師のオアシスの先生の一部を詳しく紹介していますよ。
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)はこちら

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る