ブログ

2015.09.08

「自分で勉強をはじめました」中学生のお母さんより

FROM: 笠井伸春

笠井伸春

ある中学生のお母さんよりご質問、というよりご相談をいただきました。シェアしたいと思います。

(前略)
今一度自分で勉強したいと、ノートに出来なかった問題を中心にまとめ始めました。
もちろん効果がすぐに出ないことは、本人も回りも承知していますが少し、様子をみたいと思います。

先生からみると、このようなパターンは良いのか悪いのか、判断つくのかもしれませんが、私も手探りのため、本人の気持ちを尊重したいと存じます。(中略)

アドバイス頂ければ、幸いです。

自分で勉強する、というのはいい傾向だと思います。学年が進むほどに自習が最も効率よい勉強方法になってきますので。

それで、多くの問題に取り組むほど、解説を見てもわからない問いがでてくるはずです。読んでわからない問題は人に聞くしかありませんので、そんなときに家庭教師を活用するのが最もいい学習スタイルの一つだと考えています。

笠井伸春

PS.
頑張るほどに、入試まで道のりにはストレスや葛藤があるでしょう。そこで先生に依存したり勉強をやらされるのではなく、周りの人や家庭教師を活用する、というところまでいければ素晴らしいですね。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る