ブログ

2015.07.07

宿題が多すぎる!

takimotoblog

FROM: ツバキ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK15_notepenhikkiyougu20140312-thumb-1000xauto-16813

もうすぐ夏休みですね。
 それを踏まえて、よく学校の先生に「家庭学習の時間は学年プラス1時間」と言われるのではないでしょうか。学年が上がるにつれて宿題の量も多くなりますね。私が担当させて頂いている家庭教師先の生徒さん含め、「宿題が多すぎてなかなか終わらない」とか「どこから手を付ければいいか・・・」という声をよく聞きます。

 私が学生時代に実践していたことも含めてオススメの方法を少しご紹介できればと思います。

1. 環境を整える

 家に帰るとすぐにスマホやパソコンに触っていませんか?学校から帰って「気分転換に少しだけ・・・」と思っても、夢中になって時間を忘れてやっていた、という経験は誰でもあることでしょう。テレビ・パソコン・スマホ・ゲーム..etcといったものを見えるところやすぐに手が届くところに置かず、別の部屋に置いてみるといいかもしれません。

 最近はLINEなどのSNSを使っている生徒さんが多いと思います。チャットや返信をしていると時間があっという間に過ぎてしまうこともあるでしょう。それで逆に、そのLINEを使って環境を整えてみませんか?LINEの”ひとこと”や”タイムライン”に「テスト勉強中なので返信できません」という感じの投稿をしてみると、まわりもチャットを控えてくれたり、自分も「言ったからには勉強しなきゃ」と気持ちが入るのではないでしょうか。

 そして、私が学生のとき、「家には誘惑が多いから学校で勉強する!」と言ってテスト期間で部活休止の時などに教室に残って勉強している友達がたくさんいました。友達と分からない所を教えあったり。人に説明すると自分の理解も深まりますし、勉強に集中できて、これもオススメの方法です。学校に残れなくても、図書館など静かで机に向かう環境があるところならどこでもできそうですね。

2.目標をつくる

 宿題の多さに圧倒されて、「終わらなさそう・・・」と思うかもしれません。
でも、終わりはありますよ(笑)

 教科ごとに時間を決めて「まず1時間で数学を終わらせる」と決めたり、もっと小さく区切って「このページを10分でやろう」と決めると、それを目標にがんばれますよね。決めたからには、「終わるまでは別の事を考えたり、スマホを触ったりしないでおこう」とモチベーションにつながりますし、1つクリアしたら同じように次の小さな目標を作って続けると、「全部終わった!」と達成感を味わえますよ。

ツバキ
(家庭教師のオアシス チューター/教務スタッフ)

一覧に戻る