ブログ

2015.06.01

現役医学部生に教わる効率がいい勉強のコツ その4

福井県で入るのが一番難しい福井大学医学部医学科の現役生に中学・高校時代にどうやって勉強していたかを聞いてみました。

集中力・モチベーションを上げるには?

部活にも打ち込む。友達も大切にする
勉強のコツはとにかく繰り返してやること。でも、勉強ばかりで息が詰まっているようだとモチベーションの下がることもあります。
僕は高校では野球にも打ち込み、大学では2年前は西日本で準優勝も経験しました。部活や学校や友だちも大切にすることで勉強にも集中して取り組めるんだと思っています。(Nさん)

自分の近くに先生を
高校生のとき地元の学習塾の先生に学び、勉強のコツを教えてもらいモチベーションの支えになった経験があります。近くにいつでも聞ける先生がいるのかどうかは大事だと思います。
(勝村公佳さん)

やり方を教わる
1年の時から塾講師をやっているんですが『どうやっていいか分からない』という子を数多く見てきました。やれば必ず伸びるので、そのやり方を教わることだと思います。
(横塚さん)

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る