ブログ

2015.04.29

Q「家庭教師の先生はどうやって毎日勉強するように導くんですか?」よくいただくご質問

笠井伸春

よくいただくご質問にお応えしたいと思います。

Q. 家庭教師の先生はどうやって毎日勉強するように導くんですか?

もし今、全く自分から勉強する習慣がないようでしたら、まずは本人にとって簡単に上がれる低い階段を作ります。
たとえば、英単語ワークのような作業的なものを「毎日18時から5分する」ことなど。今のモチベーションや学力で「確実にできること」であることが習慣付けには大事です。

また、心理的な働きもあります。
家の方から「やりなさい」と言われても反発したくなる子の方が多いと思います。でも、家庭教師の先生からの宿題は1対1で渡されて数日後には必ず見せることになるので、「約束したし、やらないと」という感情も働きますね。身内以外の第三者との約束なので。

笠井伸春

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る