ブログ

2020.10.16

「やる気が出ない」という2人の高校生

急に涼しくなって体調を崩しやすい時期。生活リズム、食事、睡眠など気をつけていきたいですね。

今、生徒の様子を見ていると、中学生は学診・確認テスト前でがんばりだしている子が多いですね。高1,高2生は定期テストが終わって勉強時間が減っている感じがしますがどうでしょう?

「やる気が出ない」という2人の高校生

この前、「何だかやる気が出ません・・・」という2人の高校生がいました。

まあ10代のころはいろいろあるでしょう。ちょっとしたことでメンタルが上下する時期です。誰しも波はあります。

ただ、2人とも「やる気が出ない」と口にした言葉は同じだけど、行動は違っていました。

1人は、先週からの課題が手つかず。

1人は、予定通りに勉強が進んでいました。復習チェックテストも9割で合格でした。

やる気があるときなら、誰でもできる。本当の成功者は、やる気がないときでもやる。

これは良い言葉だ、と感じたら自分だけの名言集ノートにメモしています。

そこから紹介しますと・・・

Anyone can do something when they WANT to do it. Really successful people do things when they don’t want to do it.

やる気があるときなら、誰でもできる。本当の成功者は、やる気がないときでもやる。

ドクター・フィル

ドクターフィル氏のことはよく知らないのですが、、、言われていることは本当にそうだと思います。

矢沢永吉も「やるヤツはやる。やらないヤツはやらない」と言っています。

習慣が行動になる

この2人の違いは、想いの強さと言える面もあるかもですが、習慣の違いだと僕は思います。

習慣になれば、やる気に左右されなくなります。

例えば、歯磨きや顔を洗うという行動。
習慣になっていることに、やる気があるないは関係がないですよね。

2人目の高校生は、やる気がなくても、日々のルーティンをやるだけ。

こうなれば、テスト前だけの危機感に頼ることなく、日々安定して勉強するので時間がたつほど大きな差になっていきます。

成功するために後者のタイプになりたいなら、次の質問を自分にしてみましょう。

どうやって習慣にできるか。

工夫できることは何ですか?
それをいつからやりますか?

追伸

大学を探すサイトの情報が更新されました↓

https://k-oasis.shinroshidou.net/

どなたも利用できるのでどうぞ使ってみてくださいね。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの中学個別ゼミ(学習塾)

オアシスの高校個別ゼミ(学習塾)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る