ブログ

2020.10.14

模試の直しは早いほど◎【模試の受け方】

高3,中3は受験モードに入ってきました。お子さんはいかがでしょう?

先週末の福井新聞模擬テストは、自宅受験10月10日推奨、14日着ということで解説配布まで時間差がありました。

今日、福井新聞社のHPで公開となりましたので、受験した中3生は必ず直しをしておきましょう。

模試の直しは早いほど◎

模試の活用として、もったいないのは、受けっぱなしで時間がたってしまうこと。

時間がたつと、

「あの問題はどっちが正解なんだ?」
「自分の考えた理由はあれで良かったのか?」
「ここ間違った悔しいなあ」

など、試験中に考えたことや感情まで忘れてしまいます。

1ヶ月放っておいたら・・・ほとんど忘れているので直しもうまくできませんね。

だから、模試の直しは早ければ早い方が、学びが多いです。すぐやりましょう。次の日までにはやりたいところ。

せっかく受けた模試、有効活用したいですね。

そういう意味で言うと、福井の中学生が受ける確認テストは、実力を測る良い問題なのですが、答案が返ってくるのに1,2週間かかってしまいます。

すぐに直しと復習ができた方が勉強になるので、実際に力がつくのは自分で過去問を解いて直しをしているときだと覚えておくと良いと思います。

新しい共通テスト対策過去問集・問題集を教室に補充

高3生は、本格的に過去問練習に入りました。

Z会の予想模試

新しくはじまる共通テスト。実際にどんな問題になるかは誰にもわかりません。

今までの共通テストの過去問で練習しつつ、

試行調査問題を見ておくことはもちろん、予備校の予想問題集にも慣れる意味ではやっておいた方が良いでしょう。

早め早めに準備しておきたいですね。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの中学個別ゼミ(学習塾)

オアシスの高校個別ゼミ(学習塾)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る