ブログ

2020.09.14

学力診断テストで実力を出し切る時間配分とは

昨日は、入試特訓初日(前期の1日目)。

学力診断テスト演習と解説を行いました。

生徒の感想は、

  • 数学難しい、解き直して次はできるようにしたい
  • 時間配分の大事さに気づいた
  • 英語長文をもっと早く読めるようにならないと

課題に気づくことができると、次に何をやっていけばよいかはっきりしてきますね。

今日は、受験テクニックの一つ、時間配分について。

というのも、入試本番に近い形式のテストに慣れていない生徒によくある課題だからです。

学力診断テストの時間配分

数学

まず、数学ですが、学力診断テストには正答率の低い難問が入っています。

で、ありがちなのが、

大問4(3)の難問で手こずって、時間を多く使い、、、結果できず、
大問5(1)のやさしい問題に使える時間がなくなり落としてしまう

という残念なパターン。

なぜ、残念かというと、

大問4(3)配点2点 正答率10%
大問5(1)配点4点 正答率70%

正答率は予想ですがだいたいこの辺りでしょう。

試験で実力を発揮する人は、時間がなくても正答率の高い問題を落としません。

この場合は、大問4(3)配点2点 正答率10%の問題は後でやるとして、先に大問5(1)に回答するべき。

合格する人は、正答率10%の問題に正解するのではなく、
正答率6割以上の問題を落とさない人です。

もっと言うと、正答率10%の難問は落としても合否に影響ありません。つまり落としていい問題です。

正解すべき問題に時間を使えるように練習しましょう。

「時間があればできたのに」は試験では通用しません。もともと学力診断テストも入試問題も時間は足りないようにできているものです。

英語

学力診断テストの特徴は、

  • 確認テストのような語順の並び替えなど文法の単独問題ない
  • 確認テストのように、「探す」を英語でなんという?みたいな単純知識を問う問題はない
  • 長文読解が中心
  • その本文の語数が多いこと

こちらも、「時間があれば読めるのに」は通用しないんですね。

問題を作る側としては、速く正確に読めるほど、英語の力がある、と考えているのでしょう。だから、中3以上の読解力があると時間配分は気にしなくても高得点がとれます。

しかし、英語力が微妙で、一文ずつはじめから読んで解こうとすると、まったく太刀打ちできない子も多い内容になっております。

なので、苦手意識のある人は、順番を考えて決めておきましょう。

一つ、確認テストで平均付近の子にオススメできる時間配分を紹介しますね。

① 大問2 英作文(パターン別に中心となる文を練習しておく)

② 大問3 会話・資料読み取り問題

③ 大問4 リスニング(試験開始後25分)

④ 大問1 スピーチ長文 → 時計見ながら全部埋める+①英作のブラッシュアップ

時間配分、大事にしてください。

何か参考になれば幸いです。

追伸 入試特訓 後期受講生募集!

このようなテクニックも1人ひとりに合わせて指導しているのが入試特訓講習です。まだ若干名空きあります。

▼概要

前期:9月13日(日) ~ 11月1日(日) 全8回 【学診対策】

後期:11月29日(日) ~ 2月14日(金) 全10回 【県立/私立 志望別に入試対策】

場所:オアシス 福井丸山教室(福井市丸山1丁目210 リリーフ21日経ビル6F)

・全期間で通常授業の135時間分にもなる実戦形式の集中講習です。
・前期・前期とも、全科目(英語・数学・国語・理科・社会)。すべて解説します。
・12:10~13:00は昼食休みです。(昼食ご持参または外食)

▼料金
前期(全8回):60,000円
後期(全10回):75,000円
※税別。教材費などその他の費用を含みます。

▼お申し込み
お問合せフォーム、公式LINE、またはお電話でお申し込みください。

前期の途中参加もご相談ください。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの中学個別ゼミ(学習塾)

オアシスの高校個別ゼミ(学習塾)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る