ブログ

2020.08.24

家で勉強できません・・・【原因と対策】

OS福井丸山教室入り口横

ささやかですが、大学合格者の一部を貼ってみました。卒業生1人ひとり、地元はもちろん、関東や関西、四国いろんな場所で頑張っているんだろうな、と。

さて、中学部から教室に通ってくれている高校1年生からこんなことを相談されました。

家だと勉強できません・・・

「家だと勉強できません・・・」

知らんがな、やればいいやん、
と身内だったら言ってしまいがちなテーマですが(笑)

それに、自習室でしか勉強できない状態のままでは、スキマ学習できないということなので、偏差値60以上の大学合格は難しいと思います。

また、また何かのウィルスなどで外に出にくい事態になったときに、自宅でやるしかないですよね。

原因は環境の違い

自習室だと勉強できるのに家だとできない、と感じる理由は一つ。

環境の違いです。

【自習室】
勉強するしかない環境、周りの人もやっている雰囲気を感じられる

【家】
スマホ・ゲーム・マンガ・下の兄弟の相手、周りにライバルはいない

家だとできないのは仕事も同じようなことが言えるかな、と。福井は自営業が多いと言われていますが、自宅で仕事をしている人には、生産性が下がると感じる人が多いです。

そもそも家(ホーム)はくつろぐ場所。

でも一方で、毎日10時間以上勉強している宅浪生がいるのも事実。

彼らはどうやっているんでしょう。

勉強専用スペースをつくる

スマホいじってしまって勉強の邪魔になっているなら、スマホの電源を切る・勉強する場所に持ち込まない(自習室のときと同じように)

ゲーム・マンガの誘惑に負けてしまうなら、それらが目に入らない場所をつくって勉強する(自習室と同じように)

など、家の中に勉強専用と決めたスペースをつくりましょう。

だいたいの場合は、勉強机周りから誘惑をどかすことになるかと思います。

自習室も活用する、場所を変える

それでも家で長時間集中が苦手、という人もいます。そういうタイプの人は自習室や勉強できる場所を外に持つのもありです。

場所を変えるとスイッチが切り替わって集中できるという人ですね。

僕もどちらかというとそっちのタイプで、仕事場内や自宅内でも場所を変えるようにしています。

自宅内でも、勉強部屋やリビングと場所を変えて試してみるといいですね。

最後にマインドセット(心構え)の話を。

どこでも勉強するのが最強

メインの勉強場所は決めておくといいですが、基本いつでもどこでもできるようにするのが最強ですね。

学校から塾などの移動時間も、耳勉したり音読したり、今日習った内容を思い起こしてみたり、どこでも勉強はできるものです。

もし僕が受験生で、どうしても行きたい大学があって、例えば英単語2,000語程度必要なら、覚えきるまでボロボロになるまで単語帳持ち歩くと思います。

そういう意識が一番ですね。

いつでも勉強できる工夫はしていますか?
本気でやっていますか?

何か参考になれば幸いです。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る