ブログ

2020.06.15

【中3】高校入試の勉強計画②

前回に続いて、中3生向けの話です。

早めの対策が必要という話をしました。

今回は、5教科の中1,2の復習をどうするかについて。

今年は、夏休みが短く、いつ何をやるかをはっきり計画しておかないと、後から後悔することになる可能性大となりそうです。

理由を説明しますね。

まず、高校入試までの大きな流れを確認してみると、

※各テストの時期はずれるかもしれません。


【8月下旬】第4回確認テスト

このテストから中1からの全範囲になります。出題範囲が広がるので、毎年、平均点は学校によりますが平均すると40点前後下がっています。ここからが入試本番の実力が試されるテストといえます。

【10月】福井新聞模擬テスト 1回目

【11月初旬】学力診断テスト

出題範囲は1,2年+3年前半。県内の中3生全員が同時に受験。結果は三者面談の資料に使われます。

【11月下旬】推薦校決定

この時期に、学校の面談で「私立どうしますか?」という話になるので、あらかじめ考えておくことをオススメします。

【12月〜】入試問題対策(過去問)

【1月】実力テスト(1/6)、推薦入試(1/19)

【2月】願書出願 → 一般入試(私立2/1-2/2, 県立3/4-3/5)



12月からは本番の過去問に入るので、中1・中2の復習ができるのは7,8月まで、ということになります。
とすると、この2ヶ月の過ごし方が鍵になってきますね。

僕が担当しているのが教室での「個別ゼミ

去年は夏休みに毎日のように1日50分授業を8コマという長時間授業に参加してもらうことで、一気に中1・2の復習をこなしました。

しかし、今年は、そうもいきません。

学校で今習っていることも進めつつ、8月までに終わるように復習に手をつけるべきでしょう。

オアシスの夏期講習(個別ゼミ)受講生を募集します

7月21日(火)〜8月30日(日)を予定しています。

詳細が固まったらまたお知らせしますね。

今、お申し込みいただければ席は確保します。

カリキュラムは、1人ひとり個別に作成します。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る