ブログ

2020.05.29

学校に通い続けられるか心配です

これだけ長期休暇が続いてからの、学校再開。

「いきなり1日は疲れるのではないか、通い続けられるか心配です」

保護者の方からのコメントがありました。

わかります。もともと人混みが疲れるという人もいるし、いきなりの生活パターンの変化に体調を崩す人も出てくるでしょう。

例年だと、学校に行けなくなる子が増えるのは、

GW明けと夏休み明け。

新学期の4月に頑張って通うものの、GWで気持ちの糸が切れて行けなくなる、という流れがあります。

今回は、3ヶ月という誰も経験がない長い休み明け。しかも段階的だったりいつも通りの学校内の雰囲気ではなく、正直、どう影響するのかよくわかりません。

では、体調を崩しやすい子の親はどう考えたらよいのか?

僕からの提案は・・・

多少休んでも問題ない。むしろ、無理して心身の状態を悪くするくらいなら、休ませる、くらいのスタンスがいいのかな、と思います。

それくらいの気持ちで構えていれば、視野も狭くならないので楽です。子どもにとっても安心につながるでしょう。

実際、勉強面ではどうにかなります。

事実、うちの生徒には、

中学3年間の半分は休んでいた中で、高志高校に受かった子もいます。

通信制高校に転校する形にして、金沢大学に受かった高校生もいます。

勉強なんて、やり方一つでどうにでもなるものです。

起きてもないことに不安になっていても仕方ありません。まだ今の話になっていないので。

起きてから、さあどうしようか、と思えばいいですね。

心配しすぎないことが親にとっても子どもにとってもいいことだと思います。

以上、何か参考になれば幸いです。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る