ブログ

2020.05.28

【勉強のコツ】習熟度をチェックしながら進める【テストの重要性】

昨日に続いて勉強法について。今日のテーマは「テスト」です。

休校期間も家庭教師や塾講師と決めたメニューでがんばって勉強し続けている子もいます。

きっと、あなたも自分なりに頑張って進めているでしょう。

ただ、何か不安を感じていませんか?

その原因の一つは、学校のテストがないので、一体どれくらいの実力がついているのかが分からないこと。

自分がどこにいるのか分からないのは不安ですよね。

「テスト」って聞くと「やだな」と思う人も多いかもしれません。

でも、テストがあるから勉強しないと、という心理的な効果が大きいのは事実。

極端な話、大好きな趣味でもない限り、テストのように評価してくれるものがないとやる気を継続するのも難しいのが普通だと思います。

大きなテストは、スポーツで言うと「大会」です。本気でやっているなら、次の大会で良い成績を!というのがモチベーションになったりするでしょう。

残念ながら、今年は高校野球の全国大会が中止になりました。他の部活もどうなるか分かりません。大会があるのとないのとでは、そこにかける情熱も変わってくると想像します。

じゃあ、どうすればいいでしょう?

一つの策としては、ライバル校と練習試合を組んでみてはどうかな、と思います。

話を戻して、、、
勉強ではどうしたらいいか、

ずばり、目標のテストの過去問演習をオススメします。きちんと採点して。

すると、客観的な評価ができるので明日からの勉強の改善にもつながります。

今後も休校になる可能性は考えておくべきだし、少なくても今年は学校のテストが減るでしょう。

だからこそ、意識してテスト問題を解くことをスケジュールに入れることをオススメします。

たとえ環境がどうなったとしても、ぶれない勉強ができたらいいですね。

追伸

うちの生徒には、勉強した範囲のチェックテストを受けてもらい、習熟度をチェックしながら進めるようにしています。

自分ではなかなかそこまではできないよ、という中高生の方。オアシスではそこまでサポートしています。ぜひ相談してください。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る