ブログ

2020.05.25

【ゲーム漬け】毎日勉強しないでスマホゲームばかりしています・・・

「毎日勉強しないでスマホゲームばかりしています」

ある中学生のお母さんからの話がありました。

まあ、一番遊びたいときなので、ある程度は仕方ないとも言えます。ときには息抜きも必要でしょう。

また、何でもそうですが、のめり込むと、プラスになる場合もあります。

個人的な話、小6の時にゲームを作るハードを買ってもらって、夢中になって将来はゲームプログラマーかな、と思っていた時期もあります。

こんな風に遊びの中にも、何かを目指すきっかけになる可能性もあるし、プロゲーマー系のユーチューバーなんて道もあるかもですね。

しかし、今回のお子さんは、中毒っぽいとのこと。

ゲーム中毒で昼夜逆転・・・

昼夜逆転。毎日昼過ぎに起き出して・・・

親子の対話も少なく、また生活リズムの大きな崩れは、おそらく本人も心の中ではよく思っていないでしょう。

どうしたらいいでしょう?

話し合ってルールを決める

家庭でできることは、ルールを決めることだと思います。やはりこれです。

そんなこと、わかってるけど・・・という方、

こういうご家庭でよくあるのが、「1日1時間までだぞ」「これは約束だぞ」と、親から一方的に押しつけようとするパターン。

押しつけや命令になっていませんか?

そんなルールは約束ではないし、押しつけられたことにモチベーションは持てません。あなたと同じく、子どもも人間なので。

理由をきちんと聞く。反射で口を出してしまう人は、さえぎらずに100%聞くくらいのつもりで。

その上で、

「自分が成長できる時間がなくなっちゃわない?それってどう思う?」と押しつけではなく、本当に聞いてあげること。冷静に考えさせてあげることです。

この質問に子どもが反発したり、「うん」といっても隠れて続けるような場合は、まだちゃんとあなたが気持ちを聞けていないということです。人は話を聞いてくれる人に反発しようとは思いません。

本人も本当にこのままゲーム漬けでいいとは思ってはないだろうし、共感しながら一緒に決めたことなら、きっと納得できるでしょう。

決めたことは見える化する

「一日○時間」

「午後○時〜○時まで」

「充電はリビングで」

など、納得して決めたことは、明文化することです。

それをリビングのいつも見えるところに貼っておくといいでしょう。

お互いに確認できるようになります。

守れなかったときは、ルールを作り直すのもOK

子どもを詰めてもいいことないです。

だから、ルールは修正OKということにします。逃げ場は用意しておきましょう。家なんですから。

1日1時間がやっぱり無理、となれば、じゃあ「週に1日は自由で」とかまた話し合って決め直せばいい。

いずれにしても、子どもの成長を、同じサイドから一緒に考えるスタンスで接している限り、おかしなことにはならないと思います。

どうやるか、というより、どうあるべきかですね。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る