ブログ

2020.05.22

オンライン授業に向いている人・向いてない人

福井商工会議所で、次亜塩素酸水をいただけるということで、今日いただいてきました。ありがとうございます。

(訪問者の会社名と名前書く欄がありましたが、よく一緒に経営の勉強していた方の名前もあったりで、福井は狭いです・・・)

次亜塩素酸水は、モノにとどまっているウィルスをやっつける働きがあるとのことで、これまでも教室内をシュッシュしてきました。

さて、暖かくなってきたこともあってか落ち着きつつありますが、以前とまったく同じには戻りそうもないですね。

オンライン授業ってどうなの?

勉強の話。

休校になったとき、オンラインにも対応するので、選んでください、というメッセージを出しました。

すると、

オンライン授業に変更を選んだご家庭、
オンライン授業はやりにくい、という生徒や講師も。

中にはオンライン授業ってどうなの?というネガティブな意見もありました。

わかります。やったことないことですから。

それに、ハードとソフトの扱いに慣れていない場合は、慣れるまで効率は下がります。確実に。

しかし、実際やってみて、また、ある程度慣れてきた今の感想があります。

オンライン授業の善し悪しは講師と生徒による

まず、講師の方から。

講師の授業のうまさ・へたさがバレる

講師は、指導スキルが問われます。オンラインになると、隣に保護者の方が見ていることも予想されますね。だから、解説が下手な人はばれます・・・

今、中学生は県独自の映像授業、各高校の先生の映像授業がアップされていて目にしていますが、自信のない先生は厳しい状況です。

僕はこれは良い面だと思っています。生徒にとって。

授業参観のときだけ頑張って、普段は適当みたいなことにならないので、とてもいいことだと思います。

オアシスの教室からオンライン授業をしているトップクラスの先生もいますが、授業のレベルの高さと生徒への接し方のうまさは、とても参考になります。

zoomでは見学もできるので、他の先生の研修にもいいかもしれないと感じています。

勉強に前向きな生徒に向いている

次に生徒側について。

親から言われてるから、、、みたいな子には難しいでしょう。勉強部屋や普段の状況がわかる対面の方が合っているかな、と思います。

オンライン授業でうまく勉強が進んでいる生徒は、自主性が強いように感じています。

ほぼ対面指導に近い指導は可能

オンラインは対面に比べて授業の質は劣っている。これが以前の意見でした。

しかし今は、生徒のモチベーションがある程度あって、講師スキルがあれば、ほとんど質は下がらない内容も多くあると実感しています。

以上、また一部意見が変わるかもしれないですが、今のところの感想でした。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る