ブログ

2020.05.08

【中3生】今年の受験勉強の進め方

今年の入試はどうなるんだろう・・・

受験生と親御さんは心配も大きいかと思います。

昨日もある中学3年生の塾生のお母様と、
高校入試までの勉強をどうすればよいか、という話になったので、進め方の指針をお伝えしました。

さっそくご感想をいただきました。

一言でいうと、ポイントは3つあります。

1.何度もしつこく定着するまで繰り返して復習すること

2.実戦的なテスト問題(過去問)で得点力を測る。練習すべきポイントを見つける

3.理解できていないところは、調べる。人に聞く

この3つが回る勉強のしくみを作って実行すれば、成績は必ず上がります。

マンツーマンや個別指導では、これらが良くなっていくように指導しています。

今日はこの中から1.をどうやってやるかお伝えますね。

何度もしつこく定着するまで繰り返して復習するコツ

「復習が大事」

みんなが言っていることだし、そんなの知っているよ、と思うかもですね。

しかし、実践できている人は少数です。なぜなら、どうやって復習するかを教わっていないから。

次のAくんとBくん、どちらが伸びそうですか?

Aくん・・・与えられたプリントを解きまくる。また新しいプリントを解きまくる

Bくん・・・すぐにできた問題とまだ怪しい問題を区別して、まだ△や×の問題を繰り返してから次に進む

課題に追われているタイプの子は、だいたいAくんになります。

これが半年も続けば、自分がどこがわかっていてどこが苦手か分からない状態になります・・・

結果、AくんもBくんも同じ時間勉強したとしても、結果は違いますね。

すでにできる問題とできない問題を区別する

これが復習するときのキモになるので、参考にしてほしいと思います。

実は、その子の使っている問題を見るだけで、今の学力や今後の伸びがある程度分かったりします。勉強のうまい子の問題集には、区別するための付箋や印がついていますから。

追伸

家庭教師では、こういう勉強のコツも教えています。勉強がうまくなると楽しさもアップしてきますよ。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る