ブログ

2020.05.12

【高1〜高3】英文法演習ドリル【英文法オススメ本】

今月の25日から学校再開かもしれない、といううわさを耳にしました。が、まだ正式にはわかりません。(5/12現在)

さて、今日は勉強の進め方について中3生とお母様と話をする機会がありました。

勉強ってやり方が見えている状態と、何となく言われた課題だけやってる状態では、天と地ほどの差が出るものだな、と改めて感じています。特に最近は。

ここからは高校生向けの話になりますが、普段何となく課題をこなす感じで勉強している人の多い英語。

もし、自主性を持って取り組むなら、まとまった時間のある今、やっておきたいことの1つが英文法。

というわけで、今日は、高校生にオススメしている英文法の問題集の紹介です。

英文法演習ドリル(旺文社)

共通テストから、文法単体の問題はでないことになったから、私大受けないので文法いりません、は間違いですね。

文法がわからないことには、長文も読めないし、リスニングも意味をとれません。

この時間を利用して、文法の基礎をやっておいてしまいましょう。

この問題集は、2019年9月に出された新しいモノですが、かなり勉強しやすい内容になっていると思います。

オススメな人は、

  • 中学英語はだいたいOKな人
  • 高1〜高3の今ごろで、英文解釈に入る前
  • 基本の抜けがないようにしておきたい人
  • 英検2級レベルの文法を身につけたい人

高校英語の範囲を一通りカバーしているのに、分厚くないのでやりきりやすい1冊だと思います。

解説も詳しいので自分でも進めやすいと思います。

以上、オススメの勉強本の紹介でした。

参考になれば幸いです。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る