ブログ

2020.04.24

まだ習っていないところはどうやって勉強したらいいですか?

映像授業もついている参考書。高校生にオススメ

さて、冷静に自分の勉強、進めていますか?

ある高3生から相談がありました。

「高分子化合物という単元をまだ学校で習っていないんですが、問題集はどう進めたらいいですか?」

理解しないことには問題演習に入れませんね。これは中高生の全学年で言えます。さあ、どうしましょう?

極端な話をすると、「教科書を読もう。そこに書いてあるから」です。

ええ?そんな・・・って思いますよね、普通は。

しかし、忘れてほしくないのは、教科書を読んで理解して問題演習の繰り返しで定着させる、これができれば最速で力がつく、ということ。

実際に、社会科など暗記中心の科目は分かりやすい教材さえ選べばこのやり方がいいでしょう。

ただ、物理・数学・化学などは、1人で本を読んでも分かりにくいこともある、というのが大多数だと思います。

理解が難しい範囲は、授業が理解の助けになったり、独学では気づかないことも学べたりします。

結論からいうと、この生徒には「スタディサプリ見よう」と勧めました。

授業はインプット。問題を解くアウトプットを勉強の中心にする

スタディサプリを宣伝したいわけではないですが、相当に分かりやすいです。

「分かりやすい授業ができるかどうか?」これを基準に全国から選ばれた強者講師の授業なわけですから。

正直、一方的な授業で、という条件ではほとんどの先生はかないません。映像はとり直しもできるわけですからなおさらです。

スタサプ以外の有料コンテンツもあるし、YouTubeでは無料で解説を見ることができる時代。本当に学校以外で勉強しやすい環境になりました。

ただし、授業を受けるだけでは「分かったつもり」にはなりますが、得点力はつきません。

スタサプをどれだけ受講しても、得点力はつかないんです。

これは、リアルの授業でも映像の授業でも同じです。

あくまで、問題を解き直している時間が勉強なんだ、と思っておいてください。

授業を受けるというのは、自分にとって本当の勉強をするための準備をする、ということですね。

結論

・理解するために映像授業をうまく使うのはオススメ

・問題集をくり返すアウトプットが勉強の基本だということを忘れない

時間の自由度が高い今、できるだけ正しい勉強をしたいですね。

追伸

あと、身体を動かす、というのも真剣に考えないとなあ、と感じています。

あるスポーツをしている中学生は、毎日8km走っているそうです。見習わないといけませんね。。。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る