ブログ

2020.04.16

自宅学習の進め方

生徒の保護者の方に医療関係者が多いことが、最近のやりとりの中で気がつきました。

自分が感染するかもという恐怖だけでなく、家族や周りの方や講師に感染させてしまうかもという恐れで相当きつい思いをされている様子です。

そういう人たちを支えるしくみが早くできたらと思います。

ある知人がこう言っていました。

この閉塞感。オレはそんなのに負けないぞ、と思っている人でさえ無意識のうちにやられてしまうものだ。

だから、意識して新しいことをはじめた方がいい。

僕らができることは、子どもの勉強面のサポート。

自宅学習の質を上げるお手伝いと、今学校で習っているはずだった単元をリアルとオンラインの個別指導や映像授業を使って教えています。

明るい話題として

今、学校がなくても、勉強はうまく進んでいるな、と思う子も多いです。それってどんな感じかポイントを2つ紹介しますね。

1.映像授業の活用

学校の授業の代わりとして、映像授業の活用があると思います。

教科書準拠のものもあれば、スタディサプリなど、優良な映像コンテンツが、世の中にすでにあります。

これを「うまく」活用できるようになると、学校の授業の数倍のスピードで単元を進めることも可能です。

なにせ、聞き逃したら何度でも聞けるし、分かったかなという範囲は倍速にもできますから。

学校で入っていないという高校生は自分で登録してやればいいんじゃないでしょうか。

理解を助ける目的で映像授業を使うのが◎。すべて映像にすると時間がかかるので、それはオススメしません。

単純暗記や読んで分かる系のことは、映像を眺めるよりも、教科書や分かりやすい参考書を何度も読んで進めるのが最速です。

映像授業を軸にするのではなく、一部の役割として活用するのがいいですね。あとは使い方の問題です。

2.学習を管理する

これがキーワードです。今月何をするのか、じゃあ今週は何をどれだけやるのか、じゃあこの日は何をするのか?スケジュールを立てましょう。

今、指導している生徒は、これをサポートの中心にしています。

そして、自分でやった範囲がどれくらい身についたのか、チェックするのが大事。

これを自分で管理できる人はそれでOK。すばらい。

でも、実際そういう人は少ないでしょう。宅浪で一人でうまくいく人は全体の5%という話もあります。

自分の勉強全体を見てくれる人を頼るのもありだと思いますよ。

夏までの範囲をどんどん進めている新中学3年生もいて、今日定着度も計りましたが、良い感じです。

ぜひ、僕らを活用してほしいと思います。

追伸

オンライン授業はいまいちなのでは?という生徒は一度試してほしい。思うよりもいいものかもしれませんよ。

今、新規の方にもオンライン面談から対応しようと思っています。実際、オンライン体験からオンライン指導がはじまっている生徒さんもいます。

迷っている方は一度ご相談ください。Zoom、またはwherebyというツールがありますが、使ってみると意外と簡単に思われる方が多いと感じています。

お気軽に公式LINEからメッセージください。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る