ブログ

2019.12.04

【相談】子どもにもっと頑張ってほしい

お気遣いありがとうございます

自分の中で、平日のブログは日課の一つとしているんですが、なかなかタイトな1日で遅くなりました。

自分の授業の他に、面談と相談が何件か続いた中で、親御さんのわが子に対する共通するテーマがありました。

  1. もっと頑張ってほしい
  2. どうやったら成績が上がるのか?
  3. 受験の戦略的な相談

1.もっと頑張ってほしい、について

いろいろ工夫や声かけはあるでしょう。でも、

子どもとはいえ、自分以外の人間の行動をコントロールすることは不可能

という前提があることは知っておいた方がいいんだろうな、と改めて思いました。

わが子なので思いが強いのは当然といえば当然です。でも、子どもを自分の一部というか、自分のものみたいに考えると、事実は違うのでつらくなってきます。

こうあるべきなのに、なんで現実が違うの?おかしい、なんで!?と。

子どもとはいえ、1人の人間。

自分の親を変えるのって不可能ですよね。それと同じく、子どもの行動を一言で変えることもできません。

今日は晴れるべきだったのに、なんで?
と考えるのに似ているのかなと。

親ができること

それでも、うまくやってらっしゃるな、と思う親御さんの特徴がありますので紹介します。

見守ることに徹している

木の上に立って見ると書いて「親」みたいなことを実践していたりします。

言いたいことはこらえて、指導者に任せたり、
「あなたの人生はあなたが決めなさい、やりたいことのサポートはするから」と言ってあげたり、
塾・家庭教師はしないで自分で進んでいく子もいますね。

親も勉強してみる

え?と思われるかもですが、もし、親ができる行動があるとすれば、一緒に勉強することなのではないでしょうか。

隣に座って一緒にやろうという意味ではなく、
実際に何を習っているのか、そんなのやったなあと思いながら、勉強してみることです。

大学受験だと厳しいと思いますが、中学で普段勉強している中身を勉強してみるとか。

「へー、三平方の定理ってそうやって使うんだね」

「江戸時代の三大改革を勉強しなおしてみたんだけどさ・・・」

そういう会話があるリビングってやる気出そうですよね。

意外と今から勉強してみるのも面白いですよ。

追伸

冒頭の2.3.については会員の方にはいくらでも相談にのります。どうぞご相談ください。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る