ブログ

2019.11.26

北陸高校入試説明会にて

北高の入試説明会に参加してきました。

入試については去年と変更点はないとのことです。

併願で受ける場合、他の私立と比べて注意する点があります。
300点未満の場合、特進か進学かどちらで受けるかという問題です。

たとえば、本番で280点だったとしましょう。
すると、合否はこうなります。

  • 特進に併願で出願していた場合 → 不合格
  • 進学に併願で出願していた場合 → 進学に専願合格

つまり、ムリして特進で受験すると進学コースには入れたのに不合格になってしまう、ということです。

他と違う点なので、今の実力が300点未満の人は、受け方に注意しましょう。

特進→国公立大学への道は十分に残っている

ここからは学診300点未満からの国公立大学へ進む作戦の話です。

北高の場合、合格者登校日にクラス編成テストがあります。
つまり、3月までに特進レベルの学力をつけておけば、入学が決まってから特進へ変更が認められる可能性大。

この時期の本気の1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月は、あなたの学力を上げるチャンスですね。

特進に入ったら、逆転できる環境が整います。まあ、メンタルブロックがなければ、どのクラスでも大学への勉強はできますが。

あとはやり方を良くしてください。
分かっている人から学ぶのが一番早いです。

学診の結果は、11月時点の学力を測っているだけで、合否には関係がない

学診で目標点に届いたから安心と思っていませんか?

本気の1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月で学力が上がる一方で、
勉強をしないと結構なスピードで学力は下がります・・・

高校が合否の判定をするのは本番の試験です。

高校の入試担当の先生は、あなたの学診の点数を知らないのです。
2月時点の学力で判断される、ということ。

福井の私立高校の入試は、学診や県立入試と比べると、基礎問題が多くて得点しやすいはずです。今から対策していきましょう。

もう遅い?いやいやまだ時間はあるどころか、大学に進むつもりなら入試まで3年あります。

今は基礎学力の土台をつくることを大事にして、行きたい大学ができたときに選べるようにしておきたいですね。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る