ブログ

2019.11.25

仁愛女子高校 併願のしくみ【高校入試】

先週、仁愛女子高校で入学説明会がありました。

ここでは、多くの生徒が受ける併願試験のしくみについて確認したいと思います。受ける可能性のある人はチェックしておきましょう。

  • 受験料:10,000円
  • 出願期間:令和 2年1月27日〜1月29日
  • 本試験:令和2年2月3日〜2月4日 1日目:国数英、2日目:社理
  • 会場:仁愛高校・武生会場・敦賀会場から選べる

併願試験の場合、以下から選択して受験できます。

第1志望:グローバルサイエンス、第2志望:特進
第1志望:特進、第2志望:進学
第1志望:進学

選考方法は、100点×5教科(各50分)と調査書です。

併願試験判定は7パターン

仁愛には7つの判定があります。

特別進学コース第1志望の場合

①特進A判定 → 特待生 併願合格

特別奨学生として併願合格。入学金、授業料、その他の額の金、入学準備備品代などが支給されます。

→ 県立で言うと藤島高校合格レベル。本試験で正解率85%

②特進A選判定

県立高校を受験せずに仁愛を選んだ場合は特別奨学生扱い。県立高校受験する場合は、③特進Bの併願合格扱い。

→ 県立で言うと高志高校レベル。本試験で正解率80%

③特進B判定 → 併願合格

合格の資格を残したまま、県立高校の受験もできます。

④進学B選

県立高校を受験せずに仁愛を選んだ場合は特進コース合格。県立高校受験する場合は、⑤進学B判定扱い。

⑤進学B → 進学コース併願合格

⑥進学C判定 → 進学コース専願合格

進学コースで合格。ただし、県立を受験する場合は不合格になります。
※県立高校入試の日が私立の登校日になります。

⑦D判定 → 不合格

正解率85%で特待生と言われています。
試験の難易度はほぼ一定なので、過去問で力を測ってみるといいですね。

仁愛女子高校過去問↓

http://www.jin-ai-h.ed.jp/entrance-exam/past_questions.php

以上、受験生の参考になれば幸いです。

追伸

解答がほしい会員はお問い合わせください。


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る