ブログ

2019.11.12

(中3)後悔しない受験校の決め方

「どこ受けるの?」

「○○高校を目指してたんですが、この学診の結果だと◇◇高校にしようか迷っています」

先日、生徒との会話。

あなたも決めかねていませんか?
特にボーダー付近だとギリギリまで迷う人が多いです。

特に高校入試は一度きりだから絶対に落ちたくないという人、
子どもに失敗や挫折を経験させたくない、という親御さんの話もよく聞きます。

どう決めたらいいのか?

僕がいいたい結論は2つ

  1. 周りの意見は聞くが、最終的には自分で決めること
  2. 安全かどうかではなく、後悔しない方を選ぶ

もちろん、県立高校にチャレンジで受験する場合、私立併願をとっておくことが条件になります。

1.周りの意見は聞くが、最終的には自分で決めること

これから親や学校の先生など周りの人からの意見もあるでしょう。
意見は聞いておくべきです。

でも、これはあなたの人生。自分で納得して決めるべきです。

まず、周りの人の立場や思いを確認しておくと・・・

学校の先生の立場と思い

12月には学診の結果を元に、学校の先生から進路指導を受けると思います。

中学の先生は、余裕でいけるな、という高校をすすめるのが普通です。
学校としては、進路が決まらない生徒はとして絶対に出せないし、
不合格者をできるだけ出したくないからです。

それで、先生が言ったから、という理由で受験校を下げてしまう人が出てきます。しかし、その決め方だと、あとで後悔する可能性があります。

よくある勘違い「受けさせてもらえない」

学校の先生から、○○高校は危ないからやめて◇◇高校がいいと思う、とすすめられている。だから、○○高校は受けさせてもらえない、という人がいますが、それは勘違いです。

どこを受験するかを決める権利は、先生にはありません。
決める権利はあなたにあります。もちろん、親の同意も必要ですね。

親の立場と思い

親が一番恐れているのは、あなたの不合格ではなく、合格できなくて落ち込んでいる姿を見ることです。

志望校ではなかった高校に、ショック状態で通っている姿を見ているのが、何よりしんどいんです。

だから、絶対に合格できる高校をすすめてくるかもしれない。

でも、親が言ったから、という理由で決めてはいけません。

自分で決めていないことの先には後悔が残る可能性大。

なぜかというと、
もし、その先に何かマイナスなことが起こると
そのたびに「親が決めたせいだ」という心理になるからです。

たとえ、不合格になっても「次は絶対、○○大学に行ってやるぞ!」と何かに向かっている姿があれば、親は安心するものです。

2.安全かどうかではなく、後悔しない方を選ぶ

合格できなかったら人生終わり、みたいな勢いで考えている子もいます。
が、全然そんなことないですよ。

合否よりも大事なことがあります。
それは、自分の行きたい方向に向かっているかどうか。

入試を通して、努力することやチャレンジした気持ちを持っていることの方が今後の人生にプラスになるはずです。(もちろん、努力のないチャレンジでは何も生みませんよ)

進みたい道、興味のある大学・学部から逆算して決める

大学に進む意思はなくて、専門職を目指すなら、やりことが学べるかどうかで高校を選ぶべきですね。

大学に進む場合、高校よりも大学の方が、あなたの人生に与えるインパクトは大きいです。

理由は、大学によって学べることや経験できることが多く変わるし、社会に出るときに影響するのは高校ではなく、大学の方だからです。

まとめ

  1. 周りの意見は聞くが、最終的には自分で決めること
  2. 安全かどうかではなく、後悔しない方を選ぶ

友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る