ブログ

2019.10.10

高校入試は通過点だということを忘れてはいけない

先日、さくらぼらとりをブログで紹介したところ、個別ゼミ生のお母様からコメントをいただきました。

言われるとおりだと感じました。

高校入試時期になると、中学校内の雰囲気・塾・地元ニュース報道など、何か高校入試だけににフォーカスさせるような空気感、ないでしょうか?

親御さんの多くも、○○高校に入ってくれたからもう安心と、まるでそこが子どものゴールのように思ってしまうという・・・

高校までは親の責任、という価値観があってもいいし、そこは否定しません。

しかしながら、先のお母様の言うとおりで、子どもの人生のスケールで見ると、ただの通過点だと言うことを忘れてはいけないな、と改めて思います。

高校で苦労することにつながる塾の力技

本来の実力以上の高校に力技でもって入学してしまうケースも増えてます。

年々下がる学力@まっさん(さくらぼらとり所長の記事)

学習量を増やして、入試や学診に出る順から暗記していく。設問にあわせた答えの書き方のパターンを覚えていく。

こういうことだと思います。それ自体は、うちもやっていることだし、悪いことではありません。

では、この塾技のまずいところって何でしょう?

高校で苦労することになる2つの原因

入試に得点しやすい勉強だけをして、ギリギリ進学校に入ったとき、後々苦労する原因を2つお伝えしますね。

(僕がよく感じていることなので、全員に言えるとは限りません。参考までに)

①数学的思考ができない。根本の理解ができていない
②中学の英文法が身についていない

え?それで合格できるの?と思うかもですが、この状態でも力技があれば藤島高校にさえ合格しているのが現状です。

①数学的基礎、根本の理解ができていない

理数科目が苦手なんだけど、社会と理科の2分野の暗記で合計点になっちゃった場合。

高1の夏や秋に「やばい、数学分からなくなってきた」とマンツーマン指導を依頼される高校生によくあります。

たとえ、文系に進んだとしても、数学は必要なケースが多いので苦労することになります。理系ならなおさらですね。

公式や定理を丸暗記するのではなく、なぜそうなるのか、教科書に書いてあることをしっかり理解するようにしましょう。

②中学の英文法が身についていない

高校入試問題は、長文読解が中心です。
語順を正す問題もなく、文法をストレートにはかる問題が少ないのです。

まったく文法分かりません、語学のセンスもありませんでは、さすがに得点できません。でも、少しのセンスがあれば、単語の暗記をしっかりやっていれば、何となくで中学レベルの長文は読めてしまします。

ところが、高校(大学受験英語)では通用しません。文法を一から覚え直すことが必要になります。(まあ、早めに覚え直しすればOKなんですが)

ちなみに、という話になりますが、
最近では高校入試について別の問題も感じています。

それは、入試対策による足止めです。

中高一貫の進学校では中3の今、もうsin,cosを習っている

多くの中3生が学力診断テストや高校入試対策では、中学の範囲の問題対策をやっている今、

同じ学年なのに、三角関数を勉強している学校もあります。

名前出しちゃうと、高志中学校です。

先に高校範囲を終わらせてしまい、高3の夏からは大学受験勉強がスタートできるわけです。有利なのは間違いないでしょう。

とはいえ、高校入試で一生懸命努力する、というのも貴重な経験になります。

ココイチで努力できる自分がいる、という自信を持てるし、勉強に対する体力もきたえられるのは高校入試を経験するメリットだと思います。

以上、何か参考になれば幸いです。

追伸 中小経営者、起業する予定のある方 11月12日のイベント(紹介)

「こんちはー」今日、先輩の岩井社長が来室されてびっくりしました。

11月12日にあるイベント 経営課題グループディスカッションのお誘いでした。

経営者の方、起業予定のある方はぜひ!はじめての方も大歓迎です。

K4経営課題ディスカッション紹介ページ


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る