ブログ

2019.08.02

何かを得るには払うものがある【対価の支払い】

2019フェニックス祭りの花火

写真は、河原で見てたよ、という身内から送られてきました。動画で。

そのころは、もちろん夏期講習会。教室にもときおり、うっすら聞こえてきました。

フェニックス祭り行きたかった?まあ行っている受験生もいるでしょう。

うらやましい?

いいえ、まったく。

教室では昼から8コマをほぼ連続集中。参加者は全員、今日も前に進みました。充実感があって、それぞれすばらしいです。

何かを得るには何かを払うこと

祭りに行ったらダメとか、ではないです。それを優先するなら、それでOKです。

ただ、何か欲しいものがあるなら、それに見合ったものを払わなければいけないよ、という話です。

たとえば、おいしい焼き肉が食べたかったら、代金を支払わなければいけない。

お金は払わないけど焼き肉食べたい、は通用しないです。

お金で済むことなら、誰かにおごってもらえれば手に入れることもできますが、勉強は誰かがかわりにはやれないですね。

大きい目標を立てるなら、それに見合った努力をすることです。

福井でハイレベルな受験というと、高志中だったり、大学なら福井大学医学部などがあります。

高志中に合格する生徒の多くは、2,3年前から受験勉強をしています。

医学部の受験生も、1年浪人したり、現役なら学校のカリキュラムとは別の勉強をしてきた高校生がほとんどです。

人と同じようなことをしていて、結果だけ違う、なんてことは起こりません。

僕の知る中学生は、朝3時間以上、午後は8時間勉強しています。

この夏、毎日10時間以上です。(内容は生徒ごとに最適化しています)

今日は祭りだし、花火だしね。それに文化祭の実行委員で夏休みも忙しくて勉強は2,3時間くらかなあ、

という人と同じくらいの伸び方の訳がないのです。

人とくらべると相手次第になりますが、今までの自分と比べたら、伸びていることを実感するときが来ますよ。

今、努力しておくといいですよ。後から努力するよりもずっといいです。

決めたこと、やりたい目標に向かって進んでいますか?

支払いをしないけど、焼き肉は食べたいなあと言っていませんか?


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る