ブログ

2019.07.22

OS夏期講習1日目【勉強の基準値】

土曜日、夏期講習1日目は、宿題8時間耐久でした。

土曜日、夏期講習1日目は、宿題8時間耐久でした。

部活の大会で来られない生徒も多かったですが、来られる生徒に集まってもらい、学校の宿題をやっつける会にしました。

この8時間耐久のねらいは、基準値を変えること。ここで一気にギアチェンジしてもらいます。

えー、うちの子はせいぜい1,2時間が限界です、という話を聞くこともあります。

塾での勉強は今までMAX 2時間くらいしか経験のない中学生もいました。たぶん、心配しながらの参加だったでしょう。でも、8時間頑張りましたよ。

「こんなに続けて勉強したのは初めてです」「思ったより、楽に進めることができました」という声もありました。

もし、大きく変わりたいなら、これくらいやるのが普通なんだという基準値も大きく上げることです。

基準値が変わるとどうなる?

先週、家庭教師の方の新規面談の中で、あるお母様から面白い話がありました。

「今から100点アップを目指してほしい」と。

ギリギリ合格を目指すのではなく、余裕で選べる状態で高校に行ってほしいということでした。

僕もいつも同じことを考えています。

たしかに、ボーダーラインを超えれば合格する確率は高いです。

でも、そこが勉強のゴールではないはず。むしろ、ひと区切りからのスタート地点です。

受験でも高校進学後でも、自分の武器になるのは、勉強への姿勢、基準値。そこに正しいやり方をプラスすることで、今からの100点アップも可能になります。

実際、少し前のことですが、学力診断テストで目標校のボーダーに100点以上足りない生徒がいました。

当然、学校の先生は無理です、あきらめてください、と。定時制の説明会に必ず出てください、と言われたそうです。

反対を押し切って受験した結果は、逆転合格。
学校の先生も、教師人生はじめての出来事だ、と驚いていたそうです。

合格した彼にとって、合格したこと以上に、やればできるんだ、という自信を得たことが大きいと思います。

長時間勉強だけがすべてではないですが、必要条件になるのは間違いないです。

100点アップなんて無理と思う人には無理です。しかし、できると思う人には可能性があります。

できたらどうなっちゃうんだろう、と想像すると、ワクワクしてきませんか?

やる、と決めたのなら、ちょっとずつ変わろうかなとかじゃなくて、一気に変わってしまいましょう。

最後まで全力で応援します。

スリッパが足りなくなりました。買ってきます。

それでは、今日もよい一日を


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの中学個別ゼミ(学習塾)

オアシスの高校個別ゼミ(学習塾)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る