ブログ

2019.06.20

英検1次の結果【合否よりも大切なこと】

受講生から英検の合否の報告いただいているところです。

まず、言いたいことがあります。

惜しくもダメだった生徒、ナイスチャレンジでした。中学卒業程度といわれる3級によくチャレンジしましたね。

この悔しさの経験をバネにして、2回目はリベンジをはたしてほしい。

振り返ると、小学校から中学に上がって
テストで点数と順位が出されるようになりましたね。

ここで、特に完璧主義より価値観の子は、メンタルにダメージを受けます。

そして、今回の英検では、試験ではじめて「合格」「不合格」を味わったという人も多いでしょう。

メンタルにダメージを受けると、勉強なんて、自己評価を下げるイヤなことだ、と逃げたくなります。英検も受けるのはイヤだってなります・・・

一方で、

それでも、やってやるという人もいます。まだまだ、「失敗」ではないですよ。

Habu at ISF 2011 03.JPG
将棋の羽生善治さん(写真はwikiより)

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。

報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが才能だと思っている。

羽生善治さんの名言より

↑ほんと、これだなって思うので紹介しました。

でも、安心してください。勉強は、正しい努力をすれば、必ず成長につながるし、プロの厳しい勝負の世界よりは、うんと成功しやすいです。

どこまで行けるかは分からないけど、少なくても成長マインドは手に入ります。

今回の英検の話に戻すと
準備期間も短くて、ヒヤヒヤした生徒もいたものの、

十分な対策する時間があって、行動できた生徒については、全員受かっていました。やったら成果になった、という体験ができましたね。
(ダメだった人は、自分の課題をみすえて再チャレンジ!)

英検対策の話

今の英検の2級までは、4技能うち、リスニングが苦手の場合、多少のトレーニングが必要です。

でも、英作(ライティング)や面接(スピーキング)はパターン通りに対策すれば、実力以上の得点がとれてしまうので、ある程度総合点もカバーできちゃうな、という印象があります。

(ただし、4技能うち一つでも、0点に近いと、他がよくても合格できないシステムです)

今週・来週は、1次突破した生徒は、英検2次試験の練習をします。ここは100%いけると思います。聞かれることパターンが決まっているので、できるまで練習すれば大丈夫です。

これから正しく対策できる塾や教室が一般的になってきたら、英検の内容も変えざるを得なくなりそうですが・・・これからどうなるでしょう。

とにかく、先を見すえつつ、今できることをやるだけですね。

それでは、今日もよい一日を


友だち追加でブログ更新情報お知らせします。

▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの中学個別ゼミ(学習塾)

オアシスの高校個別ゼミ(学習塾)


◆執筆者紹介

笠井伸春
個別指導塾・家庭教師のオアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。 家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る