ブログ

2019.06.10

やる気が出ない時の対処法 【とりあえず○○してみる】

「やらないと」とは思ってるんですが
なんかやる気が出ないというか、

つい、遊んでしまって・・・

先日、ぽろっと出た教え子からの一言。

まあ、わからなくはないですね。

やらないといけないのに違うことしちゃった経験、
誰にでもあるのかな、と。

とはいえ、
仕方ないよね、にんげんだもの と、いつもでもやらないままでば

スキルアップも成長もありません。。。

じゃあどうしたらいいでしょう?っていう話をしますね。

やり始めないことにはやる気は出ない

脳を研究しいてる東京大学教授 池谷裕二先生の面白い話があります。

グサッときませんか?
たしかに、できる人は、よしやるぞ〜というよりは、
時間だから、と普通にはじめます。

やる気があるから、やり始める、のではなく、
やり始めるから、やる気になっている、ということ。

つまり、「やる気」っていう言葉は
脳科学的には存在しない言葉ともいえて
「心」と同じ。あるかもわからない思い込みなんだと。

じゃあ、あれこれ考えるのはやめて、やり始めてみたら?っていう話。

ドラゴン桜で「歯を磨くように勉強しろ!」っていうセリフがありました。
それです。歯磨きにやる気があるとかないとか関係ないので。

【解決策1】やる気がないままでいいから、とりあえず○○してみる

つまり、やる気っていうのは行動の原因ではなく、結果なんだから、
とりあえずやってみるのが先っていうこと。

でも、やる気がないんだからできないって?
それなら、とっても小さいことを目標にやってみましょう。

やる気がないままでいいんです。

たとえば、

  • 宿題のページを開くだけ
  • 単語帳をめくるだけ
  • 超簡単な計算問題を1問やってみるだけ

とっても小さいことだけでいいので、とりあえず何も考えずにやってみてください。

今その状態の人は、実際にやってみてください。

どうですか?やり始める前とちょっと脳のモードが変わってきてないです?

「やる気」は走ったあとにやってくる

話は多少脱線しますが、池谷先生のこんな記事がありました。

これはランニングに限らないのですが、有酸素運動をすると、「BDNF(Brain-derived neurotrophic factor)=脳由来神経栄養因子」という物質も増えます。
この物質が増えると神経細胞の活性が高まったり、血管が新しくできて、脳の血流が良くなり、脳の隅々まで血液が行きわたるようになる。

https://newspicks.com/news/3197111/body/

「家の周りを走ってから
受験勉強をはじめるようにしていました」
っていう福井大学医学部生がいますが

なるほどですね。 運動好きな人におすすめです。

【解決策2】やる気を出そうとがんばるんじゃなくて、やるしかない状況に自分を置く

それでも家だと勉強モードになれないよっていう人は
勉強するしかないところに行きましょう。これでもスイッチ入ります。

図書館とかなら、めっちゃ集中してる人の近くに座るとかいいと思います。

OS福井丸山教室 授業風景
2019春OS福井丸山教室 授業風景

うちの塾に通えるならぜひ来てください。
やるしかない場所ですよ。


それでは
今日もよい一日を


友だち追加

友だち追加でブログ更新情報お知らせします。


▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内
オアシスの個別ゼミ(学習塾)
ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)


スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス・個別指導塾オアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、トークもできるようになります。

お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。
家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る