ブログ

2019.05.14

宿題に時間がかかりすぎて、寝るのが遅くなります・・・

今、高校入試の勉強法まとめを書いているところなんですが、ちょうど中学生から質問があったので、シェアしたいと思います。

Aさん「宿題に時間がかかりすぎて、いつも寝る時間が遅くなります」

僕「え、その量だったら、せいぜい30分くらいでできない?」

Aさん「え、書く量が多いので、時間がかかるんです」

様子を見ると、原因が分かりました。

一文字一文字、めっちゃ丁寧に書いているんです。

これはよくある話で、とくにマジメな女の子に多いです。

「字はきれいに書きなさい」とか
「止め・はねもしっかり書かないと×にします」とか

小学校の先生に言われてきたことをずっと守っているんですね。

お子さんはいかがでしょう?

結論からいうと、中学からはきれいな字を書くことよりも、速く書くことを優先してください。

書くのが遅いと・・・
宿題に時間がかかる
テストで時間が間に合わない
勉強の効率がよくない

など、結構大変です。

きれいな字でも、そうじゃない字でも、点数は同じなんですから。そういうふうに切りかえられるかですね。

具体的にどんな速さがいいかというと・・・

↓ 関先生は、書くの速いので、見本にしてはどうでしょう。大きい字でも速いですね。

こんなに字が汚くてもいいの?と思うかもしれないけど、遅いよりは全然いいです。勉強が早く進むから。ここが大事なことなので、紹介しました。

↑ この先生すごいです。速くてきれいな字で書いています。

とにかく、普段の勉強では、多少汚くても速く書くようにしましょう。

ただし、男子に多いんですが、自分が読めないほどの字はさすがにまずいです。計算では自分が読めないとケアレスミスの原因になります。ほどほどにして、速く書くことを意識することですね。

もし、宿題出したとき、先生に
「もっときれいな字で書け」と言われたら、
「すいません、てへへ」くらいで、ゆるしてもらいましょう。(笑)

どうしても書くのが速くならない場合は、
書くより、口に出して覚えるような勉強のやり方を中心にするといいでしょう。

友だち追加

友だち追加でブログ更新情報お知らせします。


▼ リンク

家庭教師のオアシス コースの案内(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)

▼ オアシスセミナー

福井県立高校入試 合格勉強法まとめ


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス・個別指導塾オアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

下記の公式LINEアカウントを追加していただくと、ブログ更新情報を通知します。また、1対1トークもできるようになります。

お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。
家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る