ブログ

2019.04.09

本当に○○高校行けますか?○○点とれるようになりますか?

FROM 笠井伸春

スクリーンショット 2019-04-08 22.19.12

 (今日から英検対策講習をはじめるので、自分はどうなんだということで英語力をチェックしてみました。あなたかお子さんもよかったらやってみてください→https://gm.ei-navi.jp/measurement/general)

「○○高校受かりますか?」
「○○点とれるようになりますか?」
「うちの子でも県立高校行けますか?」

何度も聞かれることのあるご質問です。

このときに思い出すエピソードがあります。

「息子は高志高校行けますか?
もう無理じゃないですか?
あきらめたほうがいいんじゃないですか?」

僕に相談されるお父さんがいらっしゃいました。

お子さんが中学2年のときから受験までの間、何度もです。。。

あきらめて得することは何もない

お父さんの不安な気持ちは理解できます。でも、合否なんて誰にもわかりません。予言者でない限りは。

ただ、言えることはあります。

まだ起きていないことを親がネガティブに感じて心配することは、本人には害にしかなりません。

想像してみてください。自分が子どもだとして、もし、家に帰るたびにお父さんとお母さんからこんな不安な気持ちを伝えられているとしたら、、、頑張りたい気持ちもなくなりますよね。

それくらいだったら、根拠がないとしても「大丈夫!」と言ってあげた方が、うまくいきやすいでしょう。

「お父さんが、お家でもその調子だと、本人にはマイナスの効果しかないですよ。本当に合格できない可能性が上がってしまいますよ」

相談をもらうたびに、僕の本音をこのお父さんに伝えていました。弱い言葉だと伝わらないと思って、、、

で、しばらくはいい状態になるんですが、またしばらくすると元に戻るの繰り返しでした・・・

やはり、生徒のメンタルも不安定で、0点近くをとったり、10番以内に入ったりと、上下が激しかったです。

可能性のない子はいない

「うちの子が○○点を目標にするのは厳しいように思いますがどうでしょう?」という相談をもらいました。

僕も予言はできないとはいうものの、不安な思いに悩まれている方にあえていうとしたら、

やり方をよくしてコツコツ行動できるなら、多少理解に時間がかかるお子さんだとしても、300点は普通にとれますよ、ということ。

国語がまったく書けないとか、文字を認識するのが難しいとか、そういう話だと、ちょっと変わってきます。(それでも何かやり方はあるはずだと僕は考えますが)

このお子さんの場合、学ぶ力は十分あるので、やったぶんだけ伸びるのは間違いないです。

 可能性を信じてあげたいですね。

 

それでは、
今日も実りある1日を。  


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス・個別指導塾オアシス 代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り、「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える、価値の高いスキルなんじゃないか?」と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 「できる」を実体験してもらい、自信と前向きさを身につけてもらうこと
  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと

◆リンク

家庭教師のオアシストップページ(学生講師・プロ家庭教師が選べる)

オアシスの個別ゼミ(学習塾)

ふくい家庭教師ナビ(家庭教師を自分で探す)

下記の公式LINEアカウントを追加していただくとトークができるようになります。 お問合せ、ご見学、無料体験、入会のご相談などお気軽にどうぞ。
家庭教師・個別指導塾オアシス公式LINE ID: @cim4849p

一覧に戻る