ブログ

2019.01.31

オセロ大会 上達のコツ

FROM 笠井伸春

500501001

娘から「今度オセロ大会があるから教えて」と。

強くなるコツを教えてということですね。

あなたならどうしますか?

A 自分なりのやり方を教える、対戦相手になる
B コツを調べる、本を買い与える
C 強い人を探して教えてもらう、強くなるしくみのある教室に通う

将来的にどうしてもオセロを
マスターしたいならCもありですが
(教室が近くにあるかはわかりませんが)

そこまででないとしたら
まあ、AかBでしょう。

で、あなたが相当に強くて
上達のコツが明確に伝えられるAでもいいでしょう。

でも、僕はそれほど詳しくないので
Bを選びました。

コツも分からない同士が
ただ対戦を繰り返しても
上達のスピードは遅いか、
本人の要領や才能によります。

何が言いたいかというと

何でもほんの少しのコツを知っているかどうか
正しい練習をするかどうかで
結果が相当に変わってくる、ということ。

 

僕ら世代は
根性とか気合いなどのワードを
聞きながら育ってきた気がします。

「とにかく、頑張れ」と。

でも、学習面での相談を受けるとき、

その子にあってない課題を
頑張ってやろうとしていたり
正しいやり方を知らずに苦しんでいる子が
多いことに気がつく日々です。

勉強にも当然コツがありますね。

学習計画の立て方、
一度で覚えるための工夫、
復習のタイミングを考えたしくみづくり、
ケアレスミスをなくす工夫、
・・・

 

今教室ではじめた「オアシスの個別ゼミ」や
家庭教師は、上の選択でいうとCです。

もし、伸び悩んでいるとしたら原因は

やる気がないか、
やり方が分からないか、
2つのうちのどちらか。

中高生の勉強について言えば、
最初からやる気のない子はまずいなくて
やり方が分からないから、やる気がなくなった、
という場合がほとんどです。

この前も中1の子が、個別ゼミの無料体験を受けましたが
「授業の説明がわかりやすかった。
自分で進める学習スタイルも自分にはよかった」
という感想でした。

専門家のマンツーマン指導が必要だけど、
先生にずっと隣につかれるのはちょっと・・・
という子には間違いなく合っていますよ。

(体育会系の発言するのが好きなタイプの子は
集団塾がいいかと思います)

 

勉強は、いかにやり方を身につけるかが重要。
普通の子が、やった分だけ
確実に成果を感じられる学習指導を目指しています。

 

笠井伸春

追伸
050066654
県立・私立高校の推薦の合格発表がありましたね。
うれしい報告の電話やメッセージがありました。(^^)
やはり、年間で準備をしていた生徒は成果を出しています。
1,2年生は早めに準備をしておくことをおすすめしたいですね。

オアシスの個別ゼミ 小中学部の詳細はこちら
https://fukui-kateikyousi.com/kobetsu-semi/jh

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る