ブログ

2019.02.02

自分史上最高の自分を

takimoto

FROM ツバキ

PAK150412030I9A9176_TP_V

先週は、中学生の高専・県立・私立の推薦入試と合格発表がありました。
オアシスにも合格の嬉しいお知らせが届きました。
合格したみなさん、おめでとうございます。

 

わたしが今年担当した生徒の一人も、今回推薦で合格しました。
その生徒は昨年4月に出会ったとき、5教科で合計20~40点でした。
ローマ字の前にアルファベットも書けない、
計算はひっ算からという状況でした。

一対一で横につく家庭教師のメリットは、
一緒に勉強を進めていくので、
その生徒さんの性格やどんな考え方をしているか、というのがよくわかります。

だからどこでつまづいているのか、
どのような勉強方法が合うのか、
優先順位は何か、
何が伸びそうで、何がハードルが高そうか・・・
という分析ができ、生徒さんにあった戦略が立てられることです。

 

この生徒さんの場合、最初の半年は主に小学生のところからやり直す必要がありました。
分数の計算、通分、約分・・・
もちろん、学校で習っている中学3年の内容もカバーしながらですが、
実際の範囲とは違うため
「これ、テストに出るの?」
と言うこともしばしば。(笑)

そのたびに、それをクリアしなければいけない理由を説明して、
がんばってもらいました。

その後、秋ごろのテストで5教科合計で130点台になりました。
3年間で一番良かったみたいで、先生も友達も驚いていたと。

 

この生徒さんは、それまで運動部でしたが部活を一生懸命頑張っていました。
「何かをがんばる」という姿勢やその結果を経験している。
だから、勉強もその部活に例えてたりして、何をどのようにするかを納得してもらえるように話しました。
そして、その部活をがんばった経験は必ず勉強にも活かされるであろう、と。

特に、秋以降のがんばりは目を見張るものでした。
文法や単語も最初からでしたが、
「こうやってね」と説明したやり方通りにノートを作って自ら進めていました。
わからないところにふせんを貼って、家庭教師の時間に質問を持ってきたり。
くり返し、くり返し練習してもらって、解き方を覚えてもらい、そしてスピードも徐々に上がってきました。

なにより、「わかるとおもしろいね!」と言ってくれたのが、うれしかったです。
不安も抱えながらでしたが、前を向いて進んでいく姿はきらきらしているなぁと。

この生徒さんにとって、
「やればできる」
というこの経験がこれからの人生の糧になっていくといいな、と願うばかりです。

 

だれもが大きな可能性をもっています。

昨日を積み重ねて今日が、
今日を積み重ねて明日が、
明日を積み重ねて未来があります。

未来は、今の積み重ね。
未来は、今の延長線上。

不安を超えて、悩みを超えて、壁を越えて、
がんばった先に自分史上最高の自分を。

そのお手伝いをこれからもしていきたいです。

 

ツバキ
(家庭教師のオアシス チューター/教務スタッフ)

一覧に戻る