ブログ

2019.01.15

どこがわからないのかを考える習慣を

FROM 笠井伸春

090808000044

小学、中学の基礎を徹底的に身につける、
正しいやり方を身につけて実践する、
個別ゼミ、はじまりました。

つくづく感じるのは、

最初は勉強が嫌いとか
やだな、とか言っている子でも

やり方がわかって
前に進んでいることを実感できれば
みんな顔の表情が明るくなるんだな、と。

 

個別ゼミは基礎の部分は映像授業を使っています。
講師はその受け方、進め方を教えて
習得具合を個別に管理する、というしくみ。

もちろん、どんな指導方法にも
メリットとデメリットがあります。
そこをうまく補いながら最大限の効果を狙っています。

この指導方法をやってみて気がついた、
子どもにとっていいことが一つあるんです。

それは・・・

どこからわからなくなったのかを
自分で考えようとする、ということ。

 

小中学生のお子さんをお持ちなら
こんなやりとりをしたことはないですか?

「ここ、わからないから教えて」

「どこまでわかってる?」

「うーん・・・」
(何がわかっていて何がわかっていないのか、説明できない)

 

マンツーマン指導だと
やりとりの中で
ああ、ここから教えればいいな、
と気がつくので

目の前の問題を理解させることはできます。

優秀な講師だとここで
うまく自分で質問をまとめられるように
自分で考えさせるように導くんですが

聞かれたときに
考えさせずに教える、

これを続けている限りは
どこからわからなくなったのかを
自分で考える習慣が身につかないんですね。

スクリーンショット 2018-12-17 15.54.40

個別ゼミでは今生徒が何を習っているのかを
自覚させるようにうながしています。

年間で習うすべての単元と
その中で今何の単元を習っているのかを。

だから、生徒の質問が
「なんとなくわからない」ではなく、

「連立方程式の解き方はわかったけど、
割合を使う文章題の式の立て方がわからないな」
と自覚してから質問できるようになります。

自分でどこからわからないのかを考える習慣。
これが身につくと、自学力が上がるので
これからの勉強の質が変わりますね。

きっちり、結果に結びつけていきますよ。

 

笠井伸春

追伸
個別ゼミコースは1月31日まで入会費10,000円が無料!
学習専用タブレットもプレゼント!(半年はレンタル)

詳しくはこちら↓↓オアシスの個別ゼミ
https://fukui-kateikyousi.com/kobetsu-semi/jh

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る