ブログ

2019.01.09

【入試直前】高校入試特訓教室開きます

FROM 笠井伸春

108080808

今日は告知になります。

昨日、ある中3生のお母様から
こういう問合せをいただきました。

「集団塾で過去問演習はしているが、
ついて行けないところもある様子、特に数学。

また、本人もこの時期になって
何をしていいのかはっきりしていないのではないか・・・」

うちでは、土日の午前中を使って
福井県の高校入試問題を分析して対策する
入試直前の特訓教室を開きます。1月12日(土)~

 

この特訓教室の意味

今、実力テストを終えて
いよいよ福井県の過去問演習に入っている塾も多いですね。

ただ、
県立高校入試の最近の傾向に
しっかり対応するためには
福井県の過去問演習だけでは問題数的に不十分。

新傾向の問題に多く触れておけば
本番で「これ、見たことある!」
となる可能性も増えることになりますね。

 

具体的に最近出されるようになったのは・・・

答えだけではなく過程を説明させる問題、その他記述問題
身近な事象にからめた問題
資料から読み解かせる問題
流れにそった英作文
「合っているものをすべて選べ」、など

これは全国的な傾向になっていますが

10009447

福井県の入試問題には傾向があります。

 

傾向に合わせて対策するとやらなくていいことがわかる

たとえば、英語では
他県の入試問題によく見られるような
アクセントの問いや語句の並び替えなどが出ていません。

(もちろん、出ないからやらなかったタイプの問題も
いずれ高校では必要になるものもあります。
入試が終わったら補強しておきましょう)

数学では四角形を折る図形問題や
同形の回転した形の相似問題がよく出ています。

 

特訓教室では予想問題集を用意しました

20804808080008
オアシスのトッププロ講師の斎藤が
全国の入試問題から
福井県の傾向に特化して厳選した
予想問題集をつくりました。

土日の特訓教室ではこれを
合わせて演習します。

実戦問題をやっていくと
基礎からやり直す必要がある単元が見つかることがあります。

その場合は、
その単元の基礎に戻った課題をやってもらい
無理なく力がつくようにプロ講師がサポートしますよ。

 

笠井伸春

追伸
以下、詳細です。オアシスの会員以外の方でこれだけ受けたいという方も歓迎します。

入試直前。準備万端で志望校に合格しよう。
「弱点を徹底したい」「わからないところをつぶしたい」トッププロ講師が指導いたします

【入試直前】個別サポート教室
高校入試特訓教室 with [自習教室[無料]]
毎週土日午前中!
入試予想問題で志望校別に対策します

◇日時:
1/12(土) ~ 3/3(日) 毎週土・日(9:00~12:00)

◇内容:
・ベテラントッププロ講師が出題傾向を分析した、入試予想問題で志望校別に特訓します。
県立入試、数英のA問題とB問題両方対応、また私立高入試や推薦入試などご要望に沿って対応いたします。

◇料金:
・基本指導料: 1コマ90分 2,250円+税 (月額 例: 月4回で9,000円+税)
基本コースは90分ですが、60分, 120分, 150分, 180分(1,500円+税/hで計算)で調整できます。
・指導料はやった分だけの後払い。※上記以外にかかる費用はありません。(プリント教材費込み)

・各時間定員6名(先着順)
・毎週決まった時間や隔週、スポット的になど、必要に合わせてご利用の日時を決めていただけます。
別の曜日・時間帯をご希望でしたらご相談ください。
※ 席数に限りがありますので前もってのご予約をお願いしております

◇講師: 斎藤 (オアシスSランク講師)
教師ランクについて → 家庭教師のランクについての詳細(別ウインドウ)

◇場所: オアシス丸山教室
〒910-0834 福井県福井市丸山1-210 リリーフ21日経ビル6F
(8号線沿い、丸山交差点から北に100m)

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る