ブログ

2018.12.04

(進路相談) 志望校下げた方がいいですか?

FROM 笠井伸春

丸山教室

中3生は校長会学力診断テストをもとに

三者面談があったわけですが、

「先生から『今のままでは合格点に足りない、
目標を下げた方がいいよ、現実を見よう』
そう言われました。
もう12月だし、やはり下げた方がいいと思いますか?」

そういう相談がありました。

高3生も
E判定が続いているし、いい加減に
志望変えた方がいいのかも、、、
そういう悩みを持っている子は多いんじゃないかと思います。

クラスの子は推薦決まっていいなあ、
これ以上続けるのつらいし、目標下げようかなぁ、とか・・・

気持ちはわかります。
ただ、僕がこの相談を受けたときの答えは決まっています。

 

志望校は下げるな

最終的に決めるのはあなたです。
安全圏の学校に変えれば今だけ気が楽になるでしょう。

ここからは僕の意見ですが、

いろんな人を見ていると
受験校の選択はただの学校選びではないように感じています。

その人その人の今後の人生にやってくる選択、
その基準をつくる最初の選択なんじゃないかと。

無理そうだからあきらめるという
「あきらめグセ」が身についてしまうと
今後の受験とか就職とか、
さらにそのあとも仕事のやり方にも影響するんじゃないかと。

あきらめたら、
「あのとき、あきらめたんだな」という気持ちは残るので。

 

志望校を下げた方がいいかどうかって

ちょっと無理そうだから
夢や目標をあきらめていく人生にするのか

ちょっと無理そうでも
最後までチャレンジしていく人生にするのか

どっちがいいですか?という話に近いと思っています。

これは精神論ではないですよ。

進路指導の先生の多くは
過去の統計データをもとに
○○を受けるべきだ、と勧めています。
不合格者を出したくない、という
生徒を思った気持ちからなのはわかります。

でも、僕も統計データは見ますが、
学診や模試で合格点を大きく下がっていた子でも
逆転合格した子は多いことがわかっています。
(聞いてもらえれば資料お見せします。モチベーションにもなるかもしれません)

大学入試でも、
11月模試でE判定から合格したなんて例は
普通にいっぱいありますよ。

 

僕はどこを受験してもいいと思っています。本当に。

でも、本当は
そこに行きたいって思ったんですよね?

不合格だったら人生終わり、なんてこともないです。
若いんですからどこからでもいくらでも逆転できますよ。

今何点だろうが、
最後まであきらめずに前に進む人を応援したいと思います。

 

笠井伸春

追伸
冷静に分析すれば
得点力アップの策が見つかることがよくあります。
悩んでいるならぜひ相談してほしいと思います。

 

オアシスではご家庭とのスムーズなコミュニケーションのために、LINE@のトークも利用しています。
モバイル端末から連絡先を追加いただくと、LINEからトークができるようになります。
家庭教師のオアシスをja
LINE ID: @cim4849p

メッセージやご相談をお受けしています。
お気軽にどうぞ。

>> 笠井伸春ブログ一覧 <<


◆執筆者紹介

スクリーンショット 2016-04-26 12.44.15

笠井伸春
家庭教師のオアシス代表
ふくい家庭教師ナビ(カテナビ)主宰

単に目先の点数を上げることだけではなく、自信につなげ、いかに生徒が自分から学習できるようになるか、自立した学習が身に付くようなサポートを目指す。

高校入試対策のため勉強方法を教えた中学生が、高校でも実践し伸びていることを知り

「1回のテストのために得た知識はテストが終わったら価値がなくなるけど、一度身につけた勉強方法はその先もずっと使える能力なんじゃないか?」
と考え、勉強のやり方を教える家庭教師のチームを作る。

主眼にしているのは、

  • 能力に関係なく学習効果の高い勉強方法を身につけてもらうこと
  • 成果につなげるため、家庭教師の授業がない日でも効果的な家庭学習が自分でできるようになること
一覧に戻る